平塚版 掲載号:2018年10月18日号
  • LINE
  • hatena

振り込め詐欺 被害総額1億円突破 前年同時期から41件増

社会

受け子の特徴(写真提供/平塚警察署)
受け子の特徴(写真提供/平塚警察署)

 平塚警察署管内で10月15日現在、今年の振り込め詐欺被害件数が79件となり、総額1億円を突破した。詐欺の手口が複雑化しており、同署はSNSなどを活用し、市民に注意を呼び掛けている。

 同署によると、今年の振り込め詐欺被害件数は79件、被害総額はおよそ1憶2632万円に上る。前年同時期比で41件増、前年の総被害額をおよそ1900万円上回る。

 振り込め詐欺の新手口として増えているのがキャッシュカードや現金の「手交付型」。弁護士や警察官、役所職員を名乗る犯人が「税金の滞納がある」「仮想通貨で失敗し融通してほしい」などと不安をあおった後、「受け子」と呼ばれる犯人が被害者宅などを訪れ、直接キャッシュカードや現金を受け取る仕組みだ。

 9月14日から21日にかけて、80代女性が同様の手口にだまされ、3回にわたり現金合計1900万円を取られた。9月18日から21日にかけて70代男性が800万円を取られたケースもある。

 受け子の多くは職員を装った若者で▽スーツのサイズが合っていない▽ネクタイが結べていない▽茶髪やピアス、マスクで顔を隠している、といった特徴があるという。

 こうした犯罪を受け同署は今年3月、「特殊詐欺緊急対策プロジェクト」を発足させた。各課が横断的にチームを組み市民からの通報を分析、発足から現在まで2件検挙した。また今年8月には短文投稿型SNS「ツイッター」を活用した情報発信サービスを開始、市内の犯罪情報だけでなく交通情報を随時発信する。

 問い合わせは、同署【電話】0463・31・0110。ツイッター【平塚警察署】ボウハンジャー@hiratsukapolice

平塚版のトップニュース最新6件

埋もれた金目の偉人に光

平塚産生乳でジェラート

若手酪農家「角笛会」

平塚産生乳でジェラート

4月18日号

ルヴァン優勝 石碑で祝う

ベルマーレ外面からの続き

ルヴァン優勝 石碑で祝う

4月11日号

令和発表 市内の反応は

総務大臣賞を受賞

少年消防クラブ

総務大臣賞を受賞

4月4日号

崇善公民館が落成式

複合施設

崇善公民館が落成式

4月4日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日本画の巨星と新星を堪能

日本画の巨星と新星を堪能

市美術館で荘司福・貴和子展

4月20日~6月9日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク