平塚版 掲載号:2018年10月18日号
  • LINE
  • はてぶ

東海大学 ソーラーカーで世界2位 20日にデモ走行も

スポーツ

トロフィーを持つ武藤さん
トロフィーを持つ武藤さん
 東海大学チャレンジセンターの「ライトパワープロジェクト・ソーラーカーチーム」が、世界大会『サソール・ソーラー・チャレンジ2018』(南アフリカ共和国/9月22日〜30日)で総走行距離3941・4Kmを記録し、準優勝した。同チームは特別賞として、環境賞も受賞している。

 この大会は、首都プレトリアから7都市を経由しながら約2000Kmを8日間かけて走行する。決められた時間までにゴールに到達できれば、何度でも周回コースを周ることができ、順位は総走行距離で決まる。

 車両は昨年の『ワールド・ソーラー・チャレンジ』(オーストラリア)で使用したものに、空気抵抗を抑えるための改良をし、勾配のある南アフリカのコースに備えたモーターに付け替えた。レースは間際からの大雨に濡れながらのスタート。7日目まで1位通過の快走をみせたが、最終日にライバルのデルフト工科大学チーム(オランダ)に惜しくも抜かれた。

 チームリーダーの武藤創(あらた)さん(工学部動力機械工学科3年)は、「優勝を目指していたので、悔しい気持ちが大きい。走りきれたことはホッとしています」とレースを振り返る。既に来年の大会に向けて新車を設計中で、「世界一を狙う」と意気込んでいた。

 ソーラーカーは10月20日(土)、同大で開催される「グローカルフェスタ」で展示され、デモ走行(【1】午後1時〜【2】午後3時5分〜/雨天中止)も実施する。(問)同大【電話】0463・58・1211

平塚版のローカルニュース最新6件

古式銃の魅力知って

地域の魅力「シイラ」で発信

残留争い痛い1敗

ベルマーレ

残留争い痛い1敗

11月15日号

平塚の伝統芸能を披露

穂積絵莉プロテニスで交流

平塚市出身

穂積絵莉プロテニスで交流

11月15日号

空から放水 火災防げ

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク