平塚版 掲載号:2019年1月31日号 エリアトップへ

真土地区 学問の神に参拝 芭蕉天満宮の新社殿で

社会

掲載号:2019年1月31日号

  • LINE
  • hatena
社殿の前で行われた例祭
社殿の前で行われた例祭

 県道の拡幅工事のため、2016年に真土神社(東真土)境内に社殿が移された芭蕉天満宮の例祭が26日、行われた。

 菅原道真を祭神とする各地の天満宮が1月25日を「初天神」とし、入試を控えた受験生らが参拝しているのにちなみ、昨年から初天神の日にあわせて例祭を開いている。

 例祭の儀式には住民約30人が出席した。真土神社の山本昇司総代は同天満宮について「道真公は学問の神様とされていますから、受験生にもお参りして欲しい。地域に親しまれる神社にしていければ」と話していた。

住民と移転を重ねた歴史

 同神社は、静岡県富士宮市の芭蕉天神宮から分祀され、江戸時代から真土三谷地区住民の信仰を集めてきた。

 同神社の社殿は、戦争や都市開発のあおりで移設を重ねてきた歴史がある。戦前に旧三谷地区が海軍火薬廠用地として接収され、集落が現在の西真土に移転。社殿も私有地の一角に移された。県道拡幅の際は、地域住民が地元の信仰や文化を守るため、社殿を真土神社の境内に移した。

 真土神社顧問の伊藤栄雄さんは「芭蕉天満宮は戦争などで移転を余儀なくされた経緯がある。地元の神社を大切にすることは日本の文化。地域に親しまれるようになって欲しい」と話していた。

平塚版のローカルニュース最新6

今季最後の平塚シリーズ

今季最後の平塚シリーズ スポーツ

Bリーグ 横浜ビーコル

4月15日号

クーカ視点で日常彩る

クーカ視点で日常彩る 文化

23日まで展示

4月15日号

ペッパー活用の新教材制作

神奈川県

ペッパー活用の新教材制作 社会

小学生の思いやる心を醸成

4月15日号

三十三観音が一堂に

三十三観音が一堂に 文化

上吉沢 妙覚寺

4月15日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月15日号

姿勢改善で健康に

健康講座

姿勢改善で健康に 文化

4月21日 商工会議所内で

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter