平塚版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

NPO法人「湘南遺産プロジェクト」の代表理事で、4月に平塚でイベントを開催する 西村 智之さん 茅ヶ崎市在住 72歳

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena

湘南の魅力 次世代へ

 ○…未来に残したい「湘南遺産」を探し、守り、育てていくNPO法人「湘南遺産プロジェクト」を設立して約4年。市民投票を通じ、これまでに3市3町から25件を湘南遺産として選定してきた。「平塚にはまだ『湘南平からの眺望』『ひらつか八幡山の洋館』の2件だけ。4月7日にそれぞれを巡るイベントを開くので、特に平塚の皆さんに参加してもらい、地元の魅力の再発見につながれば」と語る。

 ○…愛知県名古屋市に生まれる。幼い頃から絵や工作が好きで、大学では工学部でデザインを学ぶ。一方「特に大島渚監督の、ダイナミックな表現に溢れた作品に惹かれ」映画研究部に所属し、仲間と一緒に8ミリカメラでの映像制作に夢中になった。「自分のアイデアを映像で表現できるのが僕の生きがい」と語るほどのめり込み、卒業後は広告代理店に就職してテレビCM制作に奮闘した。

 ○…制作は試行錯誤の連続だった。「わずか60秒のCMを撮るのに、長編映画一本分のフィルムを回すこともあった」。多忙な日々を過ごす中、30歳ごろに手掛けた某大手企業の柔軟剤のCMが、世界最大級の広告賞の一つと言われる(当時の)カンヌ国際広告祭の特別賞に輝く。技術や斬新なアイデアが高く評価され、その後40代半ばで独立。映像制作会社を立ち上げ、企業や学校などの紹介ビデオ作りのため、全国でのロケに奔走した。

 ○…環境の良さに惹かれ、妻子とともに湘南に移り住んだのは35歳のとき。退職後「湘南の魅力を次の世代にも継承したい」と同法人を設立し、現在20〜80代の約30人で活動を続けている。「アンケートを取ると、地元の人でも、身近にある名所を知らない人が意外と多い。特に次世代を担う若者たちに、湘南遺産の魅力を伝えていきたい」

平塚版の人物風土記最新6

竹村 洋治郎さん

4月1日付で湘南地域県政総合センターの所長に就任した

竹村 洋治郎さん

58歳

5月13日号

浜野 達也さん

今年4月から平塚市博物館の館長に就任した

浜野 達也さん

市内在住 54歳

5月7日号

米山 健二さん

障害者就労施設の職員として衛生管理手法HACCPの認証取得に尽力した

米山 健二さん

しんわルネッサンス勤務 48歳

4月29日号

石原 淳さん

4月1日付で平塚市病院事業管理者(平塚市民病院)に就任した

石原 淳さん

南原在勤 66歳

4月22日号

山崎 伸一さん

4月1日付で平塚市消防本部の第21代消防長に就任した

山崎 伸一さん

田村在住 59歳

4月15日号

雨宮 恵子さん

平塚地区自閉症児・者親の会(平塚やまびこ会)の地区代表を務める

雨宮 恵子さん

長持在住 57歳

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新 文化

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter