平塚版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

中勘助の詩から当時の平塚知る 4月5日、「知る会」が講演会

文化

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena
平塚時代の中勘助
平塚時代の中勘助

 「平塚ゆかりの作家 中勘助を知る会」(大藏律子会長)が4月5日(金)、中勘助文学講演会「二つの詩の世界!松籟(しょうらい)と軽妙洒脱」を、見附町に整備されたひらつか市民活動センター(市民センター東隣り)で開催される。

 同会の飯尾紀彦さんが講師を務め、中勘助が日記体の随筆『しづかな流』の中で詠んだ平塚時代の詩191編から約10編を選んで紹介。海岸周辺で描写された当時の豊かな自然風景や、リズム感のある軽妙洒脱な詩からのぞく人物像などに迫る。

 代表作『銀の匙』で知られる中勘助は1924(大正12)年から7年余り、家族の療養のために現在の浜岳中学校の東側に居を構えた。当時の生活ぶりや散歩で見た自然風景などを『しずかな流』の中に残している。

 飯尾さんは「こんなにも美しい日本語で平塚海岸地域を描いた中勘助の存在を多くの市民に知って欲しい」と話している。

 講演会は午前10時〜11時30分。入場自由で資料代500円。詳細は同会の飯尾さん【電話】︎0463・31・4691へ。
 

平塚版のローカルニュース最新6

リトアニア知って

郵便局

リトアニア知って 文化

オリジナル切手で周知

4月8日号

アクアビクスに挑戦

アクアビクスに挑戦 社会

南部福祉会館でスタート

4月8日号

駄菓子店に子どもの声

駄菓子店に子どもの声 文化

「まめぶん」 10年ぶりに開店

4月8日号

「聖火リレーは一生の宝」

「聖火リレーは一生の宝」 スポーツ

元ランナーの新藤忠さん

4月8日号

市に無線LAN提供

湘南ケーブルネットワーク

市に無線LAN提供 社会

災害時に役立て

4月8日号

自閉症に理解を

自閉症に理解を 社会

各地で啓発の取り組み

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新 社会

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク