平塚版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

第62回「農民文学賞」を受賞した 目黒 広一(ひろいち)さん 西八幡在住 73歳

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena

幸せ願う「記憶の記録者」

 ○…農村や農民の生活を題材にした「日本農民文学」の秀作をたたえる歴史ある文学賞。過去に2回、最終候補に残ったことはあったが、受賞は今回が初めて。「もともと口で語るより、ペンに頼る方が性に合った」ことから本格的に執筆を始めて3年あまり、賞を目標としてきたわけではないが「自分以外の人たちに作品が伝わったのかなと思うと、それは励みになりますね」と喜ぶ。

 ○…受賞した短編小説「なだの海の向こうに」の舞台は、郷里である福島県南会津郡の雪深い山間の村がモチーフ。主人公のヒロシとハナコの恋心と別離、敗戦を背景とした苦悩を通じて自己形成していく過程を描いた。「私の昭和は戦争が色濃く残っていました」。戦地から帰れなかった人、たくましく生きようとする遺された人たち、皆に悲しみ、先行きの見えない不安があり、それらの象徴として、方言の「なだ」をタイトルに添えた。登場人物それぞれの涙(なだ)を4万字で描き切った時、ある思いが去来した。「人生の砂時計に残りの砂は少ない。ならば、砂時計を逆さまにしていきたい」

 ○…教員を志し上京、平塚市や二宮町の小学校で校長を務め、現在は西八幡で妻と暮らす。若いころから6千字程度の小説や随筆を執筆していた。「書き上げた時は、登山で頂上にたどり着いた時と似ている」。その感覚がたまらなかった。子供は自立、古希を迎え精神的に身軽になったといい、執筆に費やす時間が増えた。自室で原稿用紙に向き合う時間は、人生を振り返る豊かなひと時だ。

 ○…今、砂時計を逆さまにしようと思うのは「多くの記憶を反芻しながら、次の世代に『こういう時代があった』というものを残していきたいから」。作家ではなく「記憶の記録者」としてペンを握り、幸せあふれる世を願う。

平塚版の人物風土記最新6

山本 五十年(いそとし)さん

「湘南真田メディケアセンター」を運営する医療法人救友会の理事長を務める

山本 五十年(いそとし)さん

片岡在住 69歳

10月10日号

小倉 隆史さん

県立花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」園長の

小倉 隆史さん

浦安市在住 41歳

10月3日号

春田 政之さん

平塚警察署の第67代署長に就任した

春田 政之さん

警視正 57歳

9月26日号

高久 直輝さん

第20回「村井弦斎まつり」の実行委員長

高久 直輝さん

宝町在住 42歳

9月19日号

井上 充さん

譲渡型保護猫カフェ「にじのはし」を運営する

井上 充さん

ペットセレモニーウェイビー代表 39歳

9月12日号

奈須川 良太さん

U23レスリング世界選手権グレコローマンスタイル87kgに出場する

奈須川 良太さん

神奈川大学経営学部 19歳

9月5日号

宮田 憲二さん

地域の子供向けの学習支援活動を始めた花水地区町内福祉村の会長を務める

宮田 憲二さん

袖ケ浜在住 72歳

8月29日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク