平塚版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

消費相談に「訴訟ハガキ」増加 不安と弱みに付け込む

社会

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
平塚市消費生活センターが発行する注意喚起チラシから抜粋した訴訟ハガキの例
平塚市消費生活センターが発行する注意喚起チラシから抜粋した訴訟ハガキの例

 平塚市役所内の平塚市消費生活センターには年間約3千件の相談があるというが、昨年度、相談件数の3分の1は訴訟ハガキが占めたという。

 訴訟ハガキは、突然、自宅のポストに公的機関を装った差出人名で消費料金に関する訴訟や差し押さえの告知が入っている。書かれている連絡先に電話をすると言葉巧みに支払わなければならないように誘導。「心当たりのない請求は無視」と同センターでは注意喚起するが、はじめは無視しても何度も送られてくると「無視していいのか」という不安をあおるのが手口だ。

 また、携帯電話のショートメッセージで送られてくる架空請求もヤフーやアマゾン、DMMなどの社名を騙るケースが多数。「心当たりがない請求は無視」がここでは影を潜め、「使ったことがあるかもしれない」という記憶や、アダルトサイトを閲覧したというような周囲に知られたくない弱みに付け込み、金銭をだまし取る詐欺の相談は年齢を問わず後を絶たない。

 詐欺は支払ってしまった金銭の取り返しは困難であるため、事前に食い止めることが肝だ。そのため、金融機関でも目を光らせ、水際で阻止することもある。しかし、犯人はコンビニ等でギフトカードを購入させ、電話で番号を聞き出して金銭をだまし取るなど手法は変わってきている。

 平塚警察署生活安全課によれば、訴訟ハガキによる被害は2018年中に9件。しかし、1件で1110万円以上をだまし取られたケースもあった。最初は10万円をギフトカードで支払わせ、次に「示談金が必要」と現金をレターパックで送らせるという手段だった。

 4月27日〜5月6日の大型連休中、市の相談窓口の休業に伴い、県内ではかながわ中央消費生活センター(横浜市神奈川区)が一括して相談を受け付けていた。10日間の相談件数は275件。このうちハガキによる架空請求や訴訟は初日の2件のみだったが、連休明けの7日に18件の相談が寄せられ「連休に関係なくハガキは投函され続けている」と職員は話す。

 国は消費者ホットラインを開設し、局番なし「188」にかけると最寄りの消費生活センターにつながる。また平塚警察署(【電話】0463・31・0110)でも相談を受け付けている。

平塚版のローカルニュース最新6

総合計画 重点施策は踏襲

平塚市

総合計画 重点施策は踏襲 社会

SDGsとの関連性を整理

10月17日号

台風19号 市内各所に爪痕

台風19号 市内各所に爪痕 文化

床上床下浸水57件

10月17日号

金目中柔道女子全国で銅メダル

金目中柔道女子全国で銅メダル スポーツ

酒井類さん優秀選手賞

10月17日号

障害児自立支え 半世紀

障害児自立支え 半世紀 教育

平塚養護学校 創立50周年

10月17日号

歩いて広がる「うつわのわ」

歩いて広がる「うつわのわ」 文化

大磯52会場で3日間

10月17日号

クラブと地域に捧げた「湘南愛」

格闘技王者 市長に報告

格闘技王者 市長に報告 スポーツ

パンクラス升水選手「夢は叶う」

10月17日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

北澤豪さんが魅力を解説

北澤豪さんが魅力を解説

ブラインドサッカー体験

10月22日~10月22日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク