平塚版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

蒸気機関車を美しく 鉄道ファンや駅員ら

社会

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
機関車の塗装にあたる有志ら
機関車の塗装にあたる有志ら

 平塚市博物館横に展示されている「D52型403号蒸気機関車」の車体の美化を目的に、市民や平塚駅職員ら有志による清掃・塗装活動が5月10、11日の2日間にわたり行われた。

 市が旧国鉄から借り受け、同機関車が平塚に移されてから今年で50年。市によると、以前は市民有志による清掃が実施されてきたが、近年は有志の高齢化により「ここ10年ほどは手付かずの状態。汚れや傷みが目立っていた」。

 そこで市は、鉄道ファンが集う湘南平塚鉄道研究会や、平塚駅職員らに声を掛け、今回の活動を実現。2日間で約30人が参加し、ペンキで両手を真っ黒にしながら、全長21m、高さ4mの機関車の塗装に奮闘した。

 403号機は1945年3月18日、山口県の日立製作所で製造された機関車。勾配の多い御殿場線などで、貨客の輸送用として活躍した。68年6月末日に引退するまでの23年間で、走行距離は地球27周半にあたる110万97・7Kmにおよんだ。

 68年7月1日、御殿場線の電化にともない、その任務を終えた同車はスクラップにされる計画だったが、これを憂いた平塚のSLファンが保存活動を展開。熱意が実り、69年11月に市に貸与された。

 父親が保存活動に参加していたという同研究会の大津誠代表(60)は「多くの人に見に来てもらいたい。いつか汽笛を鳴らせるようにできれば」と話していた。

平塚版のローカルニュース最新6

2点差追いつくも惜敗

ベルマーレ

2点差追いつくも惜敗 スポーツ

終了間際に失点

8月22日号

「ベルマーレ一丸で結論出す」

眞壁会長

「ベルマーレ一丸で結論出す」 スポーツ

「パワハラ報道」サポーターに説明

8月22日号

「甘くて濃い味」湘南梨直売

「甘くて濃い味」湘南梨直売 社会

市内3園で9月中旬まで

8月22日号

高校生議員が提言

高校生議員が提言 教育

共生社会考えるひらスク開会

8月22日号

地元奉仕団体 新会長の顔ぶれ vol.4

三浦大輔さん 未病番長に

三浦大輔さん 未病番長に 社会

神奈川県が任命

8月22日号

夜空流れる火球(かきゅう)を観測

夜空流れる火球(かきゅう)を観測 文化

市博物館学芸員が撮影

8月22日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

朝市に行こう

朝市に行こう

アイスプレゼントも

8月25日~8月25日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク