平塚版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

神大生 地元商店の魅力学ぶ 平塚あきんど塾と連携

社会

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena
鳥仲商店の見学後、学生に唐揚げが振る舞われた
鳥仲商店の見学後、学生に唐揚げが振る舞われた

 地域の商業活性化を目指す商店主団体「平塚あきんど塾」と、神奈川大学経営学部の連携プロジェクトの一環で、同学部の大学生たちが5月18日、地元商店を回り、商業などについて学ぶ取り組みが行われた。

 同プロジェクトは2017年に始まり、今年で3回目。同学部特任准教授の山岡義卓さんによる教養演習として実施されている。若者に地元の個店の魅力を伝え、将来の職業選択に生かしてもらうほか、学生からアイデアを募り、各商店のさらなる商売繁盛につなげることも目的としている。

 この日参加したのは同学部の2年生22人。学生たちは山岡さんの引率で、平塚あきんど塾に加盟する鳥仲商店(黒部丘)、中秋蒲鉾店(紅谷町)、相州長屋(宝町)、東曜印房(明石町)など8店を巡った。

 1949年に創業し、今年70周年を迎えた鳥仲商店では、同店の鈴木崇専務の案内で、店舗の歴史や商品の製造工程を学んだ学生たち。朝仕入れた鶏を精肉する加工場や、唐揚げ、コロッケなどを実際に調理している現場も見学した。

 鈴木専務らの話を熱心に聞いていた学生の中田有紀さんは「解体も全部店内でやり、食材の新鮮さにこだわっているのがすごいと思う」と話していた。

 学生たちは2〜3人の班に分かれ、後日、担当店舗を2〜3度にわたり取材する予定。店の魅力や抱える課題などをレポートにまとめ、7月に同大で開かれる成果報告会で発表するという。

平塚市選挙管理委員会

衆議院議員総選挙の投票日は10月31日です。期日前投票もご活用ください。

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/senkyo/index.html

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

海のごみ問題を知る

海のごみ問題を知る 社会

市民団体らが検証

10月21日号

新米を100人に

新米を100人に 文化

24日「朝市」

10月21日号

海街フェス開催

海街フェス開催 文化

自然素材の工作も

10月21日号

福祉ボラスクール

福祉ボラスクール 社会

参加者募集中

10月21日号

不登校の不安を共有

不登校の不安を共有 教育

保護者向け談話開催

10月21日号

着物リメイク「ちくちく展」

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook