平塚版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

「買い物の利便性」が大幅増 平塚市 転入出者へアンケート

社会

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena

 平塚の魅力や課題を把握し、今後の施策立案に生かすため、市は1月11日〜25日にわたり、平塚市への転入出者に向けたアンケート調査を実施した。2015年度に続き2度目。

 対象は、17年1月1日〜同12月31日に転入出した人のうち、25〜39歳の男女各1000人。特に「東京都または県内他市町村」と平塚市との間での転入出者に限定し、転出入の理由、平塚に住んで良かったこと、悪かったことなどについて聞いた。

 アンケートの結果、転入の主な理由で最も多かったのは「住宅の条件(価格、広さ、日当たり、静けさ)」で33・9%、次いで「通勤・通学時間」が26・8%と続く。

 前回調査と比較し、特に顕著な差がみられたのは、転入者に聞いた「平塚市に住んでみて良かったところ」についての回答。前回38・2%にとどまった「買い物の利便性」が、60%に大幅に増加していた。

 市によると、背景には16年10月の「ららぽーと湘南平塚」のオープンがあるとみられる。平塚駅から徒歩圏内、新湘南バイパス茅ヶ崎西ICから車で5分という立地に建つ超大型商業施設が、買い物客にとっての平塚の魅力を押し上げたとみられている。

治安を不安視する声も

 一方、転出者へのアンケートによると、「平塚市に住んでいて悪かったところ」として最多だったのは「治安」。前回(52・1%)を上回る54・3%に上った。

 市は「市内の犯罪件数は減少傾向にあるものの、駅周辺には飲食店や風俗店の呼び込みが多く、『治安が悪い』と感じる人が少なくないのではないか」と推測している。

 今年度は、市政運営の指針として16年度〜23年度までの8年間を期間とする「平塚市総合計画」の見直しが行われる時期にあたり、市は「調査の結果から見えてきた課題解決に向けた対応を検討したい」としている。

 今回の調査報告書は市役所5階の市政情報コーナー、市内の図書館・公民館のほか、市ホームページでも閲覧できる。

平塚版のローカルニュース最新6

コスモスとひまわりの共演

コスモスとひまわりの共演 教育

美里・柿の実こども園

10月14日号

「希望に満ちたシーズンに」

神奈川フィル

「希望に満ちたシーズンに」 文化

来季プログラムを発表

10月14日号

私たちの抱負

22年成人式実行委員を紹介!

私たちの抱負 社会

〜後編〜

10月14日号

美しさひも解く初個展

美しさひも解く初個展 文化

真田在住 米満さん

10月14日号

生徒が教会で「模擬葬儀」

生徒が教会で「模擬葬儀」 教育

葬祭専門学校の体験授業

10月14日号

「伝統」と「革新」、柔軟に対応

特別インタビュー

「伝統」と「革新」、柔軟に対応 経済

豊島屋 久保田陽彦社長に聞く

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook