平塚版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

春日野中学校 パラ選手団と交流 リトアニアチームが訪問

スポーツ

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena
立ち幅跳びを披露するリトアニアパラリンピックナショナルチームの選手
立ち幅跳びを披露するリトアニアパラリンピックナショナルチームの選手

 リトアニア共和国パラリンピック委員会ナショナルチームのテストキャンプが16日〜26日まで平塚市内で行われた。市民との交流事業の一環で22日、春日野中学校(久松美代子校長/生徒数335人)を投てきや短距離の選手と監督、コーチら13人が訪問した。

 同校体育館を訪れた選手団を前に、1年生115人が代表生徒の号令で、リトアニア語の「こんにちは」を意味する「ラバンエラ」とあいさつし、交流がスタート。

 選手は、中学校の体力測定で行われる握力測定や立ち幅跳びを生徒と一緒にしてみせた。握力80kgオーバー、立ち幅跳び2m超えなどの記録が飛び出すと、生徒から驚きの歓声が上がった。

 身体を動かすゲームを通し交流を深めた選手と生徒。質疑応答の時間に「毎日していることは」と生徒が質問すると、選手の一人は「朝起きてベッドを直すこと」と回答。「理由は2つ。1つは体を動かし、もう1つは、『一日の始まりにベッドをきれいにする』という良いことをしたから、次にやることもうまくいくと思っているから」と答えた。

 ナショナルチームのカミール・サカラウスカイテ代表は「あたたかく迎えてくれてありがとう。皆の笑顔を見て、力をもらった。パラ五輪に向けて頑張ります」と謝辞を述べた。生徒は「外国人と触れ合うことが少ないから貴重な経験。身体も大きいし、優しいし、感激した」と感心しきりだった。

交流の証に折鶴の冠を送った生徒
交流の証に折鶴の冠を送った生徒

平塚版のトップニュース最新6

帆を広げ目指せ五輪

帆を広げ目指せ五輪 スポーツ

大村杏奈さんセーリングW杯出場

7月11日号

初の国際大会で大金星

男子ケイリン松井宏佑選手

初の国際大会で大金星 スポーツ

落合市長を表敬訪問

7月11日号

夏告げる七夕まつり あす開幕

夏告げる七夕まつり あす開幕 文化

155万人の来場者見込む

7月4日号

教育・勤労・青少年3会館統合

教育・勤労・青少年3会館統合 社会

平塚市 方向性まとめる

7月4日号

奈須川さん佐川さんアジアV誓う

神大レスリング部

奈須川さん佐川さんアジアV誓う スポーツ

互いに認めるライバル関係

6月27日号

認知症カフェで笑顔

認知症カフェで笑顔 社会

レストランがスペース提供

6月27日号

「キャンパス継続を要望」

神大移転

「キャンパス継続を要望」 教育

平塚市が議会で言及

6月20日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク