平塚版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

わたしと戦争 金田村編 消防団で空襲の火消し 横尾善蔵さん

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
当時の刺子半纏を着る横尾さん
当時の刺子半纏を着る横尾さん

 1945年7月16日夜から17日未明にかけ市内を襲った「平塚空襲」から74年が経つ。当時の金田村で空襲を体験した人に話を聞いた。

 「終戦時は17歳。だいたい記憶がある」と話すのは入野在住の横尾善蔵さん(91)。小作人の家の次男で、出征した兄に代わり農業を手伝っていた。「たとえ戦争中でも、暮れになると年貢米を持って行った。残った米は麦を混ぜて食べていた」とささやかな食卓を思い出す。白米を食べられるのは正月だけだったが、イモや麦など食料には困らなかった。

家業を守った17歳

 戦争終盤に差し掛かった頃、7、8人の兵隊が自宅で寝泊まりした。「将校は威張っていたからすぐ分かった。うちにいたのは、たぶん下っ端。何かを用意しろだとか、そういうことはなかった」と話す。2学年上の男性たちの多くは戦地に行っていたが「家業を守ることだって同じくらい大切だと思っていた。兵隊を見て、憧れるという気持ちはなかった」と振り返る。

 金田村消防団に入っていたため、空襲の夜は火消しに回った。成願寺近くを流れる農業用水から水を汲み、4人ほどでポンプを漕いで放水した。「せいぜい2、3メートルしか届かなかった。とうとう何も消せなかった」と翌朝、焼け跡と化したまちに肩を落とした。自宅は焼けずに無事だった。

 東京で放送局に勤めていた親戚が作ってくれた即席のダンボールラジオで玉音放送を聞いた。兵隊に行っていた兄は44年4月26日、2088人を乗せた輸送船「第一吉田丸」で南方に向かっていたところ敵の攻撃に遭い、船は沈没した。「いつだかは忘れてしまったけど、兄の遺骨が届いた。開けてみたら中身は空っぽで、それだけ」。生き残った約600人の乗組員が、遺族に向けた追悼冊子を発行したことで、やっと詳細が分かったという。

 数年間は終戦の実感もないままだった。組ごとに順番で行う共同田植えなど、働き盛りの若者として忙しなく過ごした。「軍隊にも行っていないし、戦争自体が何だったのか、よく分からないまま」とつぶやいた。

平塚版のローカルニュース最新6

商業高の力で東北6県支援

商業高の力で東北6県支援 教育

横浜駅で16日

11月14日号

市議を刑事告発

平塚市

市議を刑事告発 政治

個人情報保護条例違反の疑いで

11月14日号

ネズミ年は日本の活躍に「チュウ目」

ネズミ年は日本の活躍に「チュウ目」 文化

風物詩の制作佳境

11月14日号

大鹿倫毅君が市長表敬

極真空手

大鹿倫毅君が市長表敬 スポーツ

盟友とさらなる躍進誓う

11月14日号

6連敗もスタイル前面に

ベルマーレ

6連敗もスタイル前面に スポーツ

スタメン5人入れ替え

11月14日号

東海大望星旗で準V

平塚柔道協会

東海大望星旗で準V スポーツ

11月14日号

地サバ「おいしい」

地サバ「おいしい」 教育

保育園でふれあい給食

11月14日号

残暑お見舞い申し上げます

かもめ整骨院 真土 開院

地域密着宣言。責任を持って診させていただきます。平日は夜9時まで。

https://www.kamome-seikotsuin.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク