平塚版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

花水地区町内福祉村 児童への学習支援を開始 指導ボランティア募集

社会

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena
子供たちに勉強を教える
子供たちに勉強を教える

 花水地区町内福祉村(宮田憲二会長=人物風土記で紹介=)は7月から、地域の児童向けの学習支援活動を開始した。現在、子供の勉強をサポートするボランティアを募集している。

 町内福祉村とは、住み良いまちづくりを目指し、住民同士が支え合う市民活動の仕組み。児童数が市内最多の花水小学校がある花水地区では、さまざまな家庭環境によるニーズの違いに対応しようと、同福祉村が各自の習熟度に合わせた学習支援に乗り出した。現在メンバー15人ほどが、毎月第1・2・3木曜、市南部福祉会館(袖ケ浜20の1)で国語、算数の2科目を教えている。

 8月23日現在、児童27人が参加しているが、同福祉村は「今後さらに申し込みが増えることも見込まれる。マンツーマンの支援をするためには、より多くの人にボランティアとして参加してほしい」と呼び掛けている。

 指導時間は1〜3年生が午後4時〜4時45分、4〜6年生が5時〜5時45分。「勉強を見ながら児童と交流が深まり、教える側も子供たちから元気がもらえる。気軽に参加してほしい」

 参加希望者は、同福祉村【電話】0463・21・3401へ。

平塚版のローカルニュース最新6

感染対策の一助へ

平塚法人会

感染対策の一助へ 社会

40周年で測定器寄贈

2月25日号

洋館にお雛様

ゆかりのバラ市川市へ

ゆかりのバラ市川市へ 文化

湘南平塚白秋の会が

2月25日号

糸から紡ぐ織作品を出展

糸から紡ぐ織作品を出展 文化

片岡在住 田中さん

2月25日号

平塚産の花PR

平塚産の花PR 文化

市役所にツリー設置

2月25日号

新型コロナの影響で縮小開催へ

【Web限定記事】2020年度「福祉会館まつり」

新型コロナの影響で縮小開催へ 文化

3月17日〜23日、展示部門のみ

2月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク