平塚版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

譲渡型保護猫カフェ「にじのはし」を運営する 井上 充さん ペットセレモニーウェイビー代表 39歳

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena

小さな命の懸け橋になる

 ○…保護猫団体での活動経験から、自宅で世話しながら里親探しをする負担の大きさに限界を感じたのがきっかけ。保護団体から引き受けた猫と飼い主をマッチングする保護猫カフェ「にじのはし」(明石町)を昨年11月に開店、年間目標だった100頭の譲渡を早くも達成した。猫との触れ合いを楽しむカフェの来店数も月1千人を超える勢い。利用料収入も安定し、事業として軌道に乗った。「採算性は不安でしたが、なんとかするの覚悟だけでした」と話す。

 ○…2011年に脱サラし、ペット専門のセレモニー会社を起業。家族の一員だった愛犬が無造作に火葬される様にショックを受け、「人間と同じようなお別れを提供したい」と考えた。社名は亡き愛犬と同じ「ウェイビー」。亡骸を布団の上に安置するといった丁寧さが感動を呼び、現在は首都圏で4事業所を展開する。起業前に勤務していたサン・ライフ(本社/馬入本町)のグループ会社となってから、市内田村にペット専用斎場も開設している。

 ○…小学校の下校途中、段ボール箱に猫を見つけ、着ていたダウンジャケットの羽毛をむしり出し、箱に敷き詰めたことがある。「帰宅したら『いじめに遭ったの』と母に驚かれた」と苦笑い。譲渡型の保護猫カフェは「地域の課題を地域の中で解決できる仕組み」と考え、市外での出店も検討中だ。高齢や失明、人に懐かないなど、保護団体では里親を見つけにくい猫を受け入れることがほとんど。「カフェで触れ合う中で情が芽生える。人とのつながり、温かさに触れられる仕事」とにっこり。介護施設への入居などで飼えなくなった犬を引き取るような保護犬カフェも実現したい。「ペットは自分の子供と一緒で愛おしい」。そんな思いに手を差し伸べる。

平塚版の人物風土記最新6

鈴木 慎一郎さん

東京地方税理士会平塚支部で支部長を務める

鈴木 慎一郎さん

大磯町在住 57歳

11月14日号

高木 隆弘さん

競輪で通算500勝を達成した

高木 隆弘さん

平塚競輪場所属 50歳

10月24日号

中戸川 伸一さん

創立50周年を迎えた県立平塚養護学校の校長

中戸川 伸一さん

座間市在住 56歳

10月17日号

山本 五十年(いそとし)さん

「湘南真田メディケアセンター」を運営する医療法人救友会の理事長を務める

山本 五十年(いそとし)さん

片岡在住 69歳

10月10日号

小倉 隆史さん

県立花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」園長の

小倉 隆史さん

浦安市在住 41歳

10月3日号

春田 政之さん

平塚警察署の第67代署長に就任した

春田 政之さん

警視正 57歳

9月26日号

高久 直輝さん

第20回「村井弦斎まつり」の実行委員長

高久 直輝さん

宝町在住 42歳

9月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク