平塚版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

功績伝える弦斎まつり 22日 村井弦斎公園で

文化

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena
以前行われた会場の様子
以前行われた会場の様子

 明治期のベストセラー『食道楽』の著者で平塚に暮らした村井弦斎の功績を後世に伝える「村井弦斎まつり〜『食』を楽しむ〜」が9月22日(日)、村井弦斎公園(八重咲町22の5)で開かれる。午前10時から午後2時30分、小雨決行。主催は村井弦斎まつり実行委員会(高久直輝実行委員長=人物風土記で紹介)、平塚市教育委員会。

 同まつりは『弦斎庵』と呼ばれた邸宅跡の公園で2000年に始まり、今年で20回目。記念催事として、まるごと村井弦斎展や子供向けの魚釣りゲームなどが用意される。

 会場では、弦斎が好んだ琴や尺八の演奏(10時30分〜)や野点を実施。茶道体験教室もある。

 また著書『食道楽』に登場するレシピに基づいて再現したカステラの試食(午前10時30分〜)や羊羹、カレー、カレーパン、ジンジャー・ビスケット、どらやきなどの販売も行われる。会場周辺は駐車場がないため、主催者は公共交通機関の利用を呼び掛けている。

 問い合わせは市教育委員会【電話】0463・35・8124へ。

嫁入り前の必携本『食道楽』

 村井弦斎(本名・寛)は1863年愛知県豊橋市生まれ。1903年(明治36)に小説『食道楽』を発表。料理レシピだけでなく、材料の選び方やシステム的な台所の作り方にも触れ、「嫁入り道具の必需品」としてベストセラーになった。1904年(明治37)、平塚市南側に約1万6400坪もの土地を購入すると、畑でアスパラなどの当時珍しい西洋野菜を作って地産地消を実践。晩年を過ごした。

平塚版のローカルニュース最新6

風水害は「予測可能」

市防災講演会 「自分で情報収集判断できるよう」

風水害は「予測可能」 社会

気象予報士が備え呼びかけ

1月23日号

30周年で進化誓う

平塚YEG

30周年で進化誓う 経済

記念大会に360人

1月23日号

今年は「堅調な一年」

今年は「堅調な一年」 文化

平塚八幡宮で「筒粥神事」

1月23日号

有事の対応を確認

有事の対応を確認 社会

ゆうちょ銀で強盗対策訓練

1月23日号

クラフトマーケ湘南の作家出展

クラフトマーケ湘南の作家出展 文化

26日OSCで

1月23日号

ロウバイ寒中彩る

リーチ選手が母校に

リーチ選手が母校に スポーツ

29日 東海大で講演

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク