平塚版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

第20回「村井弦斎まつり」の実行委員長 高久 直輝さん 宝町在住 42歳

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena

郷土の偉人に焦点を

 ○…「市民の皆さんに郷土の偉人をもっと知ってもらいたい」。明治期のベストセラー作家で、早くから食育を提唱した村井弦斎の功績を伝える「村井弦斎まつり」は節目の20回を迎えた。まつりでは、生い立ちや当時の生活を写真やパネルで紹介するほか、紙芝居やイチゴ飴の掴み取りなど、弦斎ゆかりの子供向け企画も多数用意。「幅広い世代に弦斎の世界を楽しんでもらえたら」と期待を寄せている。

 ○…弦斎の著書『食道楽』に登場する料理レシピに話題が集まるなか、史実書を紐解いて知り得た人柄に触れ、「見識が深く先見の明があった人」と思いを寄せる。大手企業の創設者がアドバイスを求めて弦斎を訪ねる平塚詣や、100年後の未来を予言した記事などのエピソードを披露。次代を担う若者に向けて「好奇心旺盛で見識を広げる弦斎の姿勢に興味を持ってもらえたら」と語る。

 ○…創業1924年(大正13)の高久製パン(株)4代目社長。学校給食パンを手掛ける一方で、『食道楽』に登場するレシピを元に開発した「弦斎カレーパン」は同社の看板商品。各地のデパートや百貨店の催事に呼ばれ、平塚の魅力の普及と郷土の偉人の紹介に一役買っている。また菓子パンや調理パンを販売する直営店「シャンパンベーカリー」の厨房にも立つ。「パン屋の原点はお客様の『美味しかった』という言葉と笑顔にある」として、若手社員と商品開発に取り組む。

 ○…東京都練馬区出身。結婚を機に平塚に居を構えた。一男一女に恵まれ、子育てでは「本気で取り組む気持ち」を大切にする。熱心に勉強を教える一方で、瞬間湯沸かし器と表現する「怒りっぽい性格で…」と言葉が濁る。「ギャグを言う位の余裕が丁度良い」と周囲の社員を和ませた。

創業1951年、老舗のお餅

お雑煮や鍋の具に、さっと焼いて好みの味で。オンライン販売あり。

https://www.navida.ne.jp/snavi/100577_1.html

歳末ナンバーズ・セール開始!

特等は【箱根温泉宿泊券】その他豪華賞品たくさん

https://www.facebook.com/hiratsuka.westcoastshops/

<PR>

平塚版の人物風土記最新6

湯川 紀子さん

熊沢酒造の日常をつづった冊子「熊澤通信」の編集長を務める

湯川 紀子さん

唐ケ原在住 42歳

12月3日号

冨吉 裕一さん

「夢叶うひらつか実行委員会」実行委員長の

冨吉 裕一さん

(株)COCOA代表取締役 39歳

11月26日号

吉田 大亮(だいすけ)さん

日本一を目指す東海大学ラグビー部主将を務める

吉田 大亮(だいすけ)さん

市内在学 22歳

11月19日号

チェカナビチューテ ラサさん

10月から平塚市文化・交流課で国際交流員として活動している

チェカナビチューテ ラサさん

平塚市在住 30歳

11月12日号

鈴木 美都子(みつこ)さん

4月から「八幡山の洋館」の館長を務めている

鈴木 美都子(みつこ)さん

岡崎在住 80歳

11月5日号

立川 志遊さん(本名:樋口浩司)

平塚ゆかりの武将で創作落語の台本を制作した

立川 志遊さん(本名:樋口浩司)

落語家 53歳

10月29日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月29日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

なでしこ会が展覧会

日本画

なでしこ会が展覧会

市美術館で8日〜13日

12月8日~12月13日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク