平塚版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

市議会 無所属6氏が新会派 議運などへの発言権めぐり

政治

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena

 平塚市議会の無所属議員6人が9日、新会派の「しらさぎ・無所属クラブ」を結成した。保守系やリベラル系の議員が結集し、議会内で2番目の議席数をもつ新勢力を形成した。

 会派結成したのは、金子修一市議、渡部亮市議、江口友子市議、端文昭市議、府川勝市議、臼井照人市議(会派結成届の表記順)。第2会派だった「公明ひらつか」の5議席を上回り、自民党系最大会派「清風クラブ」(8人)に次ぐ勢力になった。

 議会の勢力図は4月の市議選後、改選前3人だった無所属議員が8人に増加。定数24に対し3分の1の議席を占める状況の中、無所属議員は正副議長選など議会運営について歩調をあわせてきた。

 しかし、議会運営委員会の人選は、3人以上の会派から所属人数に応じて選出する申し合わせのため、清風・公明・湘南フォーラムの3会派4人のみで構成。2人会派の日本共産党平塚市議会議員団や無所属議員が一枚岩で結束しても、議会運営に発言力が持てなかった。

 そうした中、渡部氏への議員辞職勧告決議案の提出などをめぐり、議運の進め方が強引だとして反発。9月設置の決算特別委員会も議運と同様の会派制がとられるため、無所属6氏が新会派の結成を決めた。

 同クラブ団長の金子市議は「3会派4人で26万人都市の議会運営が決められるのは問題だ」と説明。市の個別議案に対する賛否については「議員個々で判断する」として拘束はしない方針だ。

 新会派結成により議運と決算特別委の構成は4会派6人になった。両委員会の所属は次の通り(敬称略/名簿順)。

◆議会運営委/委員長・佐藤貴子(清風)、副委員長・永田美典(公明)、諸伏清児(清風)、端文昭(しらさぎ)、金子修一(同)、山原栄一(湘南)

◆決算特別委/委員長・坂間正昭(清風)、副委員長・江口友子(しらさぎ)、諸伏清児、永田美典、府川勝(しらさぎ)、出村光(湘南)

平塚版のトップニュース最新6

常盤卓嗣会頭を再任

平塚商工会議所

常盤卓嗣会頭を再任 経済

行政への積極的な提言に意欲

11月7日号

市の被害額は3億円

台風19号

市の被害額は3億円 政治

ふるさと納税で寄付呼びかけ

11月7日号

湘南平 開園60周年で式典

湘南平 開園60周年で式典 社会

新フォトスポットを設置

10月31日号

国語、算数平均下回る

全国学力調査

国語、算数平均下回る 教育

中学英語は初実施で全国並み

10月31日号

全陶展大賞を受賞

市内の陶芸家馬場芳道さん

全陶展大賞を受賞 文化

『炭化化粧紋楕円鉢』で「三冠」達成

10月24日号

ホークスから2位指名

ホークスから2位指名 スポーツ

東海大野球部・海野隆司捕手

10月24日号

「スタイル磨いて前進」

湘南ベルマーレ

「スタイル磨いて前進」 スポーツ

新監督に浮嶋敏氏が就任

10月17日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク