平塚版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

「湘南真田メディケアセンター」を運営する医療法人救友会の理事長を務める 山本 五十年(いそとし)さん 片岡在住 69歳

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena

地域連携が命救うカギ

 ○…在宅医療や居宅療養支援など、高齢者が要介護状態になっても住み慣れた場所で過ごせる「地域包括ケアシステム」の構築を目指し、2009年に真田を中心に8事業所を展開する「湘南真田メディケアセンター」を開設した。「医療が頂点のピラミッドとして捉えがちですが、大切なのはフラットな目線で介護や福祉事業所と連携すること。まちの各機関が協力することが大切。これはまちづくりでもあるんです」と熱っぽく話す。

 ○…江戸時代から続く漢方医だったという医師家系。小さい頃の夢は電車の運転手だったが、高校3年のときに、祖父や父と同じ道を志した。鹿児島大医学部卒業後は、救命救急医として大阪、名古屋の大学病院で経験を積み、93年に東海大学病院へ。「こんなに渡り歩いた人は少ないのでは。救急医療の様々な事業を学べた」と振り返る。

 ○…救命救急医としての34年は、命を救う現場作りの日々でもあった。「今では信じられないですが、救急隊員の仕事は病院の入口に患者を置いて終わりという時代もあった。申し送りをしてくれと走って救急車を追いかけたこともありました」。医療機関や、消防本部、行政等75団体で構成する湘南メディカルコントロール協議会を発足させるなど「顔の見える関係づくり」から始めた。

 ○…99年、厚生省の試行的事業として、東海大にドクターヘリが配備され、出動ケースや着陸地点をどう作るかなど、一から考えた。「現場でヘリの到着を待ってくれるのは消防隊員。築いてきた関係があったからこそ、導入できた」と胸を張る。「全国に熱い思いを持つ仲間がいた。チームでやることが大切、というのは今も変わりません」と、命を救う現場から、共に歩む地域医療の世界へ、生涯現役で走り続ける。

平塚版の人物風土記最新6

平田 紘一郎さん

第8回西湘地区三十路式実行委員会の委員長を務める

平田 紘一郎さん

八重咲町在住 30歳

1月30日号

和田 速男さん

栁川起久雄家古文書講読会の代表を務める

和田 速男さん

伊勢原市在住 71歳

1月23日号

数田 俊樹さん

平塚青年会議所(平塚JC)の第62代理事長に就任した

数田 俊樹さん

御殿在住 37歳

1月16日号

河添 有希さん

2020年平塚市成人式実行委員長を務める

河添 有希さん

東真土在住 20歳

1月9日号

三浦 登志夫さん

創立40周年を迎える大神工業会の会長を務める

三浦 登志夫さん

大神在住 71歳

12月19日号

三ツ井 勉さん

最高齢勝利記録を24年ぶりに更新した

三ツ井 勉さん

平塚競輪場所属 64歳

12月12日号

高見 英世さん

移動スーパーとくし丸3号車を運転する

高見 英世さん

長持在住 51歳

12月5日号

㈱T&M

神奈川県平塚市宮の前6-18 スカイメイトワン1F0463-26-6678

http://www.tm-education-services.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月30日号

お問い合わせ

外部リンク