平塚版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

「湘南真田メディケアセンター」を運営する医療法人救友会の理事長を務める 山本 五十年(いそとし)さん 片岡在住 69歳

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena

地域連携が命救うカギ

 ○…在宅医療や居宅療養支援など、高齢者が要介護状態になっても住み慣れた場所で過ごせる「地域包括ケアシステム」の構築を目指し、2009年に真田を中心に8事業所を展開する「湘南真田メディケアセンター」を開設した。「医療が頂点のピラミッドとして捉えがちですが、大切なのはフラットな目線で介護や福祉事業所と連携すること。まちの各機関が協力することが大切。これはまちづくりでもあるんです」と熱っぽく話す。

 ○…江戸時代から続く漢方医だったという医師家系。小さい頃の夢は電車の運転手だったが、高校3年のときに、祖父や父と同じ道を志した。鹿児島大医学部卒業後は、救命救急医として大阪、名古屋の大学病院で経験を積み、93年に東海大学病院へ。「こんなに渡り歩いた人は少ないのでは。救急医療の様々な事業を学べた」と振り返る。

 ○…救命救急医としての34年は、命を救う現場作りの日々でもあった。「今では信じられないですが、救急隊員の仕事は病院の入口に患者を置いて終わりという時代もあった。申し送りをしてくれと走って救急車を追いかけたこともありました」。医療機関や、消防本部、行政等75団体で構成する湘南メディカルコントロール協議会を発足させるなど「顔の見える関係づくり」から始めた。

 ○…99年、厚生省の試行的事業として、東海大にドクターヘリが配備され、出動ケースや着陸地点をどう作るかなど、一から考えた。「現場でヘリの到着を待ってくれるのは消防隊員。築いてきた関係があったからこそ、導入できた」と胸を張る。「全国に熱い思いを持つ仲間がいた。チームでやることが大切、というのは今も変わりません」と、命を救う現場から、共に歩む地域医療の世界へ、生涯現役で走り続ける。

平塚版の人物風土記最新6

冨樫 幹大(みきひろ)さん

湘南ベルマーレひらつかビーチパークのライフセービングクラブリーダー

冨樫 幹大(みきひろ)さん

東海大3年 21歳

7月22日号

中谷 啓秀さん

6月に湘南ひらつか七福神会の会長に就任した

中谷 啓秀さん

榎木町在住 40歳

7月15日号

白石 慎太郎さん

今年設立20年を迎える平塚警察署協議会の会長を務める

白石 慎太郎さん

中堂在住 59歳

7月8日号

志村 吉一さん

5月27日付で平塚市防犯協会の会長に就任した

志村 吉一さん

東中原在住 72歳

7月1日号

水嶋 一耀さん

今年50周年を迎えた市内の美術愛好会・すさ美会の会長を務める

水嶋 一耀さん

紅谷町在住 77歳

6月17日号

松山 明彦さん

平塚市観光協会の事務局長に6月1日付けで就任した

松山 明彦さん

岡崎在住 60歳

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter