平塚版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

創立50周年を迎えた県立平塚養護学校の校長 中戸川 伸一さん 座間市在住 56歳

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena

心を動かすという社会貢献

 ○…「養護学校が義務教育化された1979年より10年も前に、先人たちはこの学校を創立した。当時の苦労は凄まじかったのではないか。それを思うと、尊敬の念が湧き上がる」。半世紀におよぶ歴史を持つ、県立平塚養護学校の校長に就任して約1年半。「障がいのある子供には、人の心を大きく動かす力がある。体の不自由な方々への理解を深めさせてくれること自体が、素晴らしい社会貢献だと思う」と話す。

 ○…秦野市出身。特別支援学校教諭を志すきっかけは「平塚江南高校への通学途中、バスの車内でいつも見かける、ろう・盲学校の生徒たちの姿」だった。元々中学教師を目指していたが、楽しそうに手話で会話したり、白杖を手に通学する子たちを見るうち、次第に障害児教育にも惹かれるようになった。大学を卒業すると、23歳で座間養護学校に着任。奮闘の毎日が始まった。

 ○…最初に担当した小学6年の男子との思い出が、特に鮮明に残っている。昼食を食べさせようとスプーンを口元に運ぶも、毎日拒否され食べてくれない。信頼関係を築けず、自信を失いかけながらも懸命に指導を続けた結果「1週間後、初めて大きく口を開けて食べてくれた。『ようやく先生として認めてもらえた』と、その瞬間、涙が出そうなほど嬉しかった」。1年間をともに過ごし、迎えた卒業式。成長した姿を見つめ、涙が止まらなかった。「あの時の喜びが、30年以上経ったいまも心の支え」と語る。

 ○…来年は日本でのパラリンピック開催に加え、約10年振りとなる学習指導要領改訂の年。「社会全体が障がいのある人への偏見を捨て、日本が変わる絶好の機会」と捉えている。今後も障害の有無を越え、誰もが互いに理解し合える社会の実現に貢献していくつもりだ。

平塚版の人物風土記最新6

鈴木 慎一郎さん

東京地方税理士会平塚支部で支部長を務める

鈴木 慎一郎さん

大磯町在住 57歳

11月14日号

高木 隆弘さん

競輪で通算500勝を達成した

高木 隆弘さん

平塚競輪場所属 50歳

10月24日号

山本 五十年(いそとし)さん

「湘南真田メディケアセンター」を運営する医療法人救友会の理事長を務める

山本 五十年(いそとし)さん

片岡在住 69歳

10月10日号

小倉 隆史さん

県立花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」園長の

小倉 隆史さん

浦安市在住 41歳

10月3日号

春田 政之さん

平塚警察署の第67代署長に就任した

春田 政之さん

警視正 57歳

9月26日号

高久 直輝さん

第20回「村井弦斎まつり」の実行委員長

高久 直輝さん

宝町在住 42歳

9月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク