平塚版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

平塚信用金庫景況レポート 売上改善も業況悪化  消費増税の調査も実施

経済

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena

 平塚信用金庫(石崎明理事長)は10月29日、同金庫営業地区内(平塚市、厚木市、相模原市、大和市、伊勢原市、秦野市、座間市、海老名市、茅ヶ崎市、高座郡、愛甲郡)における2019年7〜9月期の「第31回景気動向レポート」を発表した。

 調査は9月上旬に同金庫取引先319社(製造・卸売・小売・サービス・建設・不動産)を対象に実施。315社から得た回答(回答率は98・7%)をもとに、業況・売上・収益の3点で分析結果をまとめた。

 調査地区内の業況DI値は前期(2019年4〜6月期)比で4・6ポイント減の4・5となり3期連続の悪化。製造・小売・サービス・不動産業で悪化したことが原因。今後も悪化すると予想されている。また、収益も同業種の悪化が原因で全業種としては悪化したが、今後は改善を見込んでいる。売上は、3期ぶりの改善だったが今後は悪化を見込んでいる。

 来期(2019年10〜12月期)の業況予想では、小売業・不動産業で改善が見込まれ、建設業は横ばい、製造業・卸売業、サービス業で悪化が予想されている。全業種の総合業況は悪化する見通し。

 特別調査「消費税率引き上げの影響と対応について」も同時に行われた。「消費税率引き上げを販売価格にどの程度反映できるか」という質問に対して「全て反映」が42・5%、「一部反映」が28・6%。消費税引き上げ後の収益確保対策については「これまでと変わらない」が45・4%である一方、「経費削減」「仕入価格の抑制」「販売価格の見直し」などの声もあった。

 総括として、人手不足が依然多く、従業員の高齢化、キャッシュレス導入を意識する企業の増加、米中貿易摩擦・日韓外交問題の影響を受けている企業があるなどの傾向が挙げられた。

MADOショップ平塚真土店

省エネ・結露・防音・防犯にあったか「内窓」はいかが

http://kobayashikenso.co.jp

横浜幸銀信用組合平塚支店

平塚支店12月6日、平塚駅北口ロータリーに移転オープン

https://www.yokohamakougin.co.jp/

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

官民の声が繋いだ設立への道

市美術館30周年記念連載 歴史の証人【2】

官民の声が繋いだ設立への道 文化

11月25日号

災害対策のボラ講座

災害対策のボラ講座 社会

12月11日、18日(土)実施

11月25日号

こどもの未来のために

こどもの未来のために 教育

横浜幸銀がろう・盲学校に寄贈

11月25日号

「ZEH宿泊体験」いよいよ

「ZEH宿泊体験」いよいよ 社会

市内2社のモデルハウスで

11月25日号

市議会定例会12月17日まで

塗装で守る交通安全

塗装で守る交通安全 社会

相馬工業がボランティア

11月25日号

「やまと豚」の(株)フリーデン

7年連続三ツ星受賞。世界が認めたフリーデンの「やまと豚」を贈ろう

https://rarea.events/event/93239

1周年記念 特別大感謝セール

11月23日㈫~11月29日㈪まで全品10%オフ!

https://baniku.thebase.in/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook