平塚版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

七夕太鼓、リトアニアに響く 保存会が訪問、喝采浴びる

文化

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena
カウナス文化センターの公演では現地の子供たちも体験した。写真撮影(C)Deivis Slavinskas
カウナス文化センターの公演では現地の子供たちも体験した。写真撮影(C)Deivis Slavinskas

 平塚市は3日から10日まで、リトアニア共和国への文化訪問団として相州平塚七夕太鼓保存会(会員37人・今井裕久代表世話人)を同国に派遣した。同会は帰国後の15日、落合克宏市長を表敬訪問して現地での活動報告を行った。

 同国の東京五輪・パラ五輪のホストタウンになった事を契機に、教育・文化等の友好交流をカウナス市、アリートゥス市と進めている一環で、設立40周年を迎え湘南ひらつか七夕まつりや海外でも演奏する同会から10人が派遣された。

 同会は、平塚から中・小太鼓7台を運び、都内の太鼓チームがヨーロッパの定期演奏で使用し、アリートゥス音楽学校に保管されている大太鼓など4台を借り、カウナス文化センター、アリートゥス音楽学校などで演奏した。4日間の公演で延べ1500人を動員。観客は平塚の文化である相州平塚太鼓の演奏を、アンコールやスタンディングオベーションで称えた。交流の一環として現地の子供達に叩いてもらった時には、想定よりも多くの人が希望し大盛況だった。

2度目の訪問

 同会の海外公演は24年ぶり。最後の海外公演もまたリトアニアだった。当時は同国出身の東海大学教授から招待を受けた有志が訪問。当時はソビエト連邦から独立して間もなく「舗装されていない街なかを戦車が普通に通っていた」と参加した世話人・中谷啓秀さんは話す。中谷さんは今回も訪問し「別の国に来たよう。そこまで発展していた」と驚いていた。

 今井代表世話人は、「日本を知らない現地の人に、交流の中で文化の紹介ができた。海外公演は頻度は多くないが、今回、その意義を感じた。当会40周年記念事業の一環として参加させてもらったが、ぜひまたやりたいですね」と話した。
 

表敬訪問に訪れた保存会のメンバー
表敬訪問に訪れた保存会のメンバー

創業1951年、老舗のお餅

お雑煮や鍋の具に、さっと焼いて好みの味で。オンライン販売あり。

https://www.navida.ne.jp/snavi/100577_1.html

横浜幸銀信用組合平塚支店

平塚支店12月6日、平塚駅北口ロータリーに移転オープン

https://www.yokohamakougin.co.jp/

<PR>

平塚版のトップニュース最新6

軽石の漂着に備え

軽石の漂着に備え 社会

市職員が海岸を巡回

12月2日号

平塚駅がテロ対策訓練

平塚駅がテロ対策訓練 社会

警察と連携、実地指導も

12月2日号

2作品が全国へ

圏央道の宝物グランプリ

2作品が全国へ 経済

SDGsジビエパイがV

11月25日号

カピバラ来春公開へ

平塚市

カピバラ来春公開へ 社会

ふれあい動物園を整備

11月25日号

市が着工延期を決定

龍城ケ丘プール跡地

市が着工延期を決定 政治

塩・風害の調査のため

11月18日号

地域参画で学校運営

コミュニティ・スクール

地域参画で学校運営 教育

来春 市内4校に試験導入

11月18日号

MADOショップ平塚真土店

省エネ・結露・防音・防犯にあったか「内窓」はいかが

http://kobayashikenso.co.jp

横浜幸銀信用組合平塚支店

平塚支店12月6日、平塚駅北口ロータリーに移転オープン

https://www.yokohamakougin.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook