平塚版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

七夕太鼓、リトアニアに響く 保存会が訪問、喝采浴びる

文化

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena
カウナス文化センターの公演では現地の子供たちも体験した。写真撮影(C)Deivis Slavinskas
カウナス文化センターの公演では現地の子供たちも体験した。写真撮影(C)Deivis Slavinskas

 平塚市は3日から10日まで、リトアニア共和国への文化訪問団として相州平塚七夕太鼓保存会(会員37人・今井裕久代表世話人)を同国に派遣した。同会は帰国後の15日、落合克宏市長を表敬訪問して現地での活動報告を行った。

 同国の東京五輪・パラ五輪のホストタウンになった事を契機に、教育・文化等の友好交流をカウナス市、アリートゥス市と進めている一環で、設立40周年を迎え湘南ひらつか七夕まつりや海外でも演奏する同会から10人が派遣された。

 同会は、平塚から中・小太鼓7台を運び、都内の太鼓チームがヨーロッパの定期演奏で使用し、アリートゥス音楽学校に保管されている大太鼓など4台を借り、カウナス文化センター、アリートゥス音楽学校などで演奏した。4日間の公演で延べ1500人を動員。観客は平塚の文化である相州平塚太鼓の演奏を、アンコールやスタンディングオベーションで称えた。交流の一環として現地の子供達に叩いてもらった時には、想定よりも多くの人が希望し大盛況だった。

2度目の訪問

 同会の海外公演は24年ぶり。最後の海外公演もまたリトアニアだった。当時は同国出身の東海大学教授から招待を受けた有志が訪問。当時はソビエト連邦から独立して間もなく「舗装されていない街なかを戦車が普通に通っていた」と参加した世話人・中谷啓秀さんは話す。中谷さんは今回も訪問し「別の国に来たよう。そこまで発展していた」と驚いていた。

 今井代表世話人は、「日本を知らない現地の人に、交流の中で文化の紹介ができた。海外公演は頻度は多くないが、今回、その意義を感じた。当会40周年記念事業の一環として参加させてもらったが、ぜひまたやりたいですね」と話した。
 

表敬訪問に訪れた保存会のメンバー
表敬訪問に訪れた保存会のメンバー

平塚版のトップニュース最新6

海水浴場開設へ前向き

ひらつかビーチパーク

海水浴場開設へ前向き 社会

7月下旬を目途

5月13日号

小林姉弟そろってV

県アマゴルフ

小林姉弟そろってV スポーツ

ふじみ野在住 「夢はプロ」

5月13日号

6月の通常開催は中止

よさこい祭り

6月の通常開催は中止 文化

年内に代替企画目指す

5月7日号

電子図書館、7月開設へ

平塚市

電子図書館、7月開設へ 文化

非接触型サービスを拡充

5月7日号

コロナ苦境の力に

カレンカップ

コロナ苦境の力に 社会

2年ぶり 愛娘偲ぶ大会

4月29日号

「スターライト」に新機能

平塚市独自電子決済

「スターライト」に新機能 経済

地域通貨化見越し運用

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新 文化

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter