平塚版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

地場ミカン「湘南のかほり」 出荷シーズン到来

社会

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena
一果ずつ傷の有無を確かめ和紙にくるんで箱詰めする
一果ずつ傷の有無を確かめ和紙にくるんで箱詰めする

 強い甘みと程よい酸味が特徴の地場ミカン「湘南のかほり」の初出荷に向けた選果作業が25日、大磯町生沢のJA湘南大磯柑橘選果場で行われた。翌26日から県内5市場へ送られ、JAは来年2月中旬までに約8トンの出荷を見込んでいる。

 湘南のかほりはJA湘南のブランドミカンで平塚、大磯、二宮の3戸のみで栽培されている。出荷直前まで木に成らせて成熟させることで、糖度は12度以上。贈答用としても人気が高く、12月中旬までは早生品種の「宮川早生」、1月下旬から2月中旬までは「大津4号」が出荷される。

 選果場にミカンを運んだ大磯町の生産農家・二梃木治雄さん(77)は「台風による被害もなく、良い状態で出荷できている。他の品種に負けない甘さを味わってほしい」と話している。

 ミカンは寺田縄のJA湘南の直売所「あさつゆ広場」(【電話】0463・59・8304)などで販売されている。

平塚版のローカルニュース最新6

コスモスとひまわりの共演

コスモスとひまわりの共演 教育

美里・柿の実こども園

10月14日号

「希望に満ちたシーズンに」

神奈川フィル

「希望に満ちたシーズンに」 文化

来季プログラムを発表

10月14日号

私たちの抱負

22年成人式実行委員を紹介!

私たちの抱負 社会

〜後編〜

10月14日号

美しさひも解く初個展

美しさひも解く初個展 文化

真田在住 米満さん

10月14日号

生徒が教会で「模擬葬儀」

生徒が教会で「模擬葬儀」 教育

葬祭専門学校の体験授業

10月14日号

「伝統」と「革新」、柔軟に対応

特別インタビュー

「伝統」と「革新」、柔軟に対応 経済

豊島屋 久保田陽彦社長に聞く

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook