平塚版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

商工会議所 会員大会で結束強める 常盤会頭 地域経済活性化に意欲

経済

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena
会場の様子
会場の様子

 平塚商工会議所(常盤卓嗣会頭)が20日、「第2回会員大会」をホテルサンライフガーデンで開催し、地元の政財界人約150人が出席した。同大会は商議所の活動を共有し、相互交流を深めるために昨年から開催されている。

 冒頭のあいさつで常盤会頭は「経済の回復が停滞している。中小企業は人手不足や賃金問題を抱えているが、会議所は積極的に取り組む。国や県と連携し企業誘致や市街地の賑わい、事業承継について、ニーズを把握しサービス事業を拡大していきたい」と地域経済に対する考えを示した。

 また日本商工会議所等表彰、優良従業員・永年勤続従業員表彰も発表され、73人が表彰された。

鳩サブレー社長地元の愛着語る

 基調講演では、常盤会頭と親交のある「鳩サブレー」の(株)豊島屋・久保田陽彦代表取締役社長が講師として登壇した。

 同社は1894年に創業。和菓子屋として「季節を愛でること」が大切だとし、観光客以上に地元客を大事にしていることなどを語った。

 鳩サブレーは創業の数年後に販売開始。発売当初は丸かったが、鶴岡八幡宮の「八」が鳩を形どっており、境内にも多くの鳩がいたことで、土地を象徴する意味でも現行の形にした。材料の配合も一切変えていないという。

 チョコ味や小型版などを求める声もあるというが、久保田社長は「私の目の黒いうちは作らせない。あの味・形・大きさが鳩サブレーだ」と商品へのこだわりを見せた。

 また、東京・神奈川に絞る販売場所について「『鎌倉に来てよ』と思うから販売場所を広げない。サブレーは、販売員が笑顔で売って完成する。目と手の届く範囲でやりたいから今ので手一杯」と話し、地元である鎌倉への愛着ものぞかせていた。

豊島屋の久保田社長
豊島屋の久保田社長

平塚版のローカルニュース最新6

ひらつか生き物だより

ひらつか生き物だより 教育

”小型のハヤブサ”チョウゲンボウ

3月4日号

みなとみらいで絵手紙展

【Web限定記事】

みなとみらいで絵手紙展 文化

平塚発祥の愛好グループが主催

3月4日号

横溝さんが表紙イラスト

【Web限定記事】ベルマーレ

横溝さんが表紙イラスト スポーツ

公式ハンドブック販売中

3月4日号

2月は前月比401人減

【Web限定記事】平塚市内コロナ感染者

2月は前月比401人減 社会

死亡者は2人増加

3月4日号

学生が手作りの「模擬挙式」

【Web限定記事】

学生が手作りの「模擬挙式」 教育

湘南ウェディング専門学校

3月4日号

姿勢改善で健康に

健康講座

姿勢改善で健康に 文化

3月10日・24日 商工会議所内で

3月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月4日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク