平塚版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

守田君が特許取得の快挙 自作の「洗濯バサミ収納具」で

教育

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
母・恵理子さんの隣で仕組みを説明する守田君
母・恵理子さんの隣で仕組みを説明する守田君

 吉沢小6年の守田貫一郎君(12)が、2018年度の「市児童生徒創意くふう展」で最高位の市長賞を獲得した自作の「洗濯バサミ収納具」で特許権を取得した。12月20日には市役所を訪れ、落合克宏市長に喜びを報告した。

 守田君が作った洗濯バサミ収納具は、中心部に竹ひごをが設置された30cmほどの筒。竹ひごに洗濯バサミの穴を通して落下させると、厚紙で作られた落下姿勢規制部を通り、洗濯バサミが取っ手部分を手前にして着地する。取り出しが容易となるこの仕組みが評価された。

 きっかけは創意くふう展。同展で審査員長を務めた弁理士の福村直樹さんが守田君のアイデアに感銘を受け、特許出願を提案。特許庁の審査で守田君の発明に対して客観的に新しいとする「新規性」や、困難な発明だとする「進歩性」が認められ、申請から半年で特許権取得となった。

 福村さんによると、30年以上の弁理士業務のなかで「小学生の特許取得は記憶の範囲で3例目」と守田君の偉業を絶賛。落合市長も「お祝いと敬意を表します。今後も世のためになる発明を期待します」とたたえた。

 これに対し守田君は「特許証が届くのを待ち遠しく思っていました。今はとてもうれしい気持ちです」と笑顔をみせ、母恵理子さん(49)は「わが子ながらあっぱれ」と目を細めた。

 特許権の存続期間は20年。洗濯物の取り込みを手伝っていた時にこの発明を思い付いたという若き発明家は「これからも不便さを感じたり、困ったりしたことを発明によって解決していきたいです」と抱負を語った。

平塚市選挙管理委員会

衆議院議員総選挙の投票日は10月31日です。期日前投票もご活用ください。

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/senkyo/index.html

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

海のごみ問題を知る

海のごみ問題を知る 社会

市民団体らが検証

10月21日号

新米を100人に

新米を100人に 文化

24日「朝市」

10月21日号

海街フェス開催

海街フェス開催 文化

自然素材の工作も

10月21日号

福祉ボラスクール

福祉ボラスクール 社会

参加者募集中

10月21日号

不登校の不安を共有

不登校の不安を共有 教育

保護者向け談話開催

10月21日号

着物リメイク「ちくちく展」

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook