平塚版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

平塚青年会議所(平塚JC)の第62代理事長に就任した 数田 俊樹さん 御殿在住 37歳

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena

「汗」で示すリーダーシップ

 ○…理事長就任にあたり「我々のまちは我々が先導していく」と決意を表明した。責任世代に課せられた使命として、若手経営者が集まるJCメンバーに対し、「どの世代よりも汗をかき、誰よりも地域のために働こう」と呼びかけた。人口流出や地域経済の縮小、自然災害の対応など、地域で抱える数多の課題に向き合い、「先輩方の英知と努力が築いた組織の信頼を糧として、令和という新時代を確かな道へと切り開いていきたい」と意気込む。

 ○…誇れる地域の創造実現に向け、市民協働は不可欠としてスローガンを「結」(ゆい)とした。行政と地域住民が描く、まちのビジョンや想いを結ぶ立ち位置でありたいと考えた。今年度は、70回の節目を迎える「七夕まつり」をはじめ、9月には県内JCが一堂に集まる「神奈川ブロック大会」を主管する。「まちづくりは地域の理解があってこそ。これまでの活動の集大成として我々の活動をアピールし、次の時代に進む一歩としたい」と語る。

 ○…気心知れた仲間の存在や地元への愛着から「まちづくりに関わりたい」と、明治大学在学中に証券会社の内定を辞退して、政治家を志した。政治家として独り歩きするまでの道筋も分からない中で、国会議員の秘書として4年間の修業を経て2011年の市議選で初当選。昨年の統一地方選でトップの得票数で3回目の当選を果たした。

 ○…進学や結婚を機に地元を離れた同年代を対象に、郷土に目を向けてもらおうと2013年に初開催された三十路式の発起人の一人。三十路式に込めた想いは後輩らに受け継がれ、今年で8回目を数える恒例行事に成長。「このまちが好きと胸を張って言う人が増えればもっと良くなる」。信念は揺るがない。

平塚版の人物風土記最新6

大貝 敏次さん

関東商工会議所連合会から表彰を受けた日本珠算連盟茅ヶ崎支部の前会長

大貝 敏次さん

龍城ヶ丘在住 74歳

8月13日号

齋藤 弓子さん

平塚市を含む「湘南助産師会」の初代会長に就いた

齋藤 弓子さん

茅ヶ崎市在住 71歳

8月6日号

田中 邦男さん

7月1日付で平塚市漁業協同組合の代表理事組合長に就任した

田中 邦男さん

札場町在住 61歳

7月30日号

早稲田 暁生さん

平塚サーフユニオン代表を務める

早稲田 暁生さん

撫子原在住 37歳

7月23日号

藤井 大地さん

火球を撮影した平塚市博物館の学芸員

藤井 大地さん

西八幡在住 34歳

7月16日号

小野 みつ子さん

国際ソロプチミスト平塚の新会長に7月1日付で就任した

小野 みつ子さん

諏訪町在住 71歳

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月30日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク