平塚版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

栁川起久雄家古文書講読会の代表を務める 和田 速男さん 伊勢原市在住 71歳

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena

歴史ににじむ郷土愛残す

 ○…母の実家でもある栁川家(北金目)の古文書解読を始めて5年、親戚や関心のある仲間と共に50点を、今月25日から平塚市博物館で展示する。古文書を通し、「中郡の大庄屋」として村を束ね、それを維持するにはそれだけの努力が必要だったのだと読み取れた。「年貢を安くしてほしい、と訴える筆跡から、金目川の氾濫で田畑の被害にあった村人の気持ちを思いやっているのが伝わってきた。400年、家を維持するには自分たちだけでなく、村全体の利益を守り、還元していこうと考えたのでは」と、先祖の仕事ぶりを垣間見た気がした。

 ○…生まれも育ちも伊勢原市小稲葉。教員だった父の影響もあり、歴史が好きだった。栁川家には、祖母にかわいがられた思い出が詰まっている。「1畳くらいの囲炉裏があり、よく来たな、と声をかけてくれた」。刀や槍が飾ってあり、手水場に向かう長い廊下などは少し怖かった。

 ○…2010年から地域の歴史の掘り起しや保全、調査を実施する「Isehara・おもてなし隊」のメンバーとして活動している。大山詣りに訪れる参拝者の夜旅の安全のため、江戸時代中頃に立てられたとされる大山灯籠を、地域に残る文化として保護しようと奔走。念願叶い、17年3月に「登録無形民俗文化財」に指定された。

 ○…今後力を入れたいのは「地域を記録し、残していくこと」。おもてなし隊として地蔵展の実施や、どんど焼きの調査に取り組む。学校から帰れば友達とチャンバラ、家の裏に氷が張ればスケート遊びに明け暮れた少年時代と重ね「子供たちは減り、地域の行事も規模縮小の傾向にありますが、地域の子が夢を持てるように、楽しい行事を発展させていきたい」と郷土愛を広めていく。
 

平塚版の人物風土記最新6

今井 啓輔さん

4月からSunSunマルシェの会長に就任する

今井 啓輔さん

宝町在住 37歳

3月26日号

内田 明光さん

あさつゆ広場に地場の生乳を届ける「角笛会」会長

内田 明光さん

大島在住 40歳

3月19日号

横山 知歩さん

世界大会で優勝するなど、日本人エレクトロダンサーとして活躍する

横山 知歩さん

夕陽ケ丘在住 26歳

3月12日号

斎藤 俊輔さん

第74回市町村対抗「かながわ駅伝」で区間賞に輝いた

斎藤 俊輔さん

新町在住 20歳

3月5日号

本多 清子さん

県家庭婦人バレーボール大会に出場する「真土」の選手兼監督を務める

本多 清子さん

東真土在住 64歳

2月27日号

武田 満明さん

確定申告のシーズンを迎えた平塚税務署の署長を務める

武田 満明さん

小田原市在住 60歳

2月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 2月27日0:00更新

  • 2月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク