平塚版 掲載号:2020年1月30日号 エリアトップへ

朝摘みを消費者へ 平塚産イチゴ出荷ピーク

文化

掲載号:2020年1月30日号

  • LINE
  • hatena
朝摘みイチゴをパックに詰める原さん
朝摘みイチゴをパックに詰める原さん

 湘南ひらつか特産品の一つに選ばれている「平塚いちご」の出荷がピークを迎え、生産者は摘み取りとパック詰めなど、出荷作業に追われている。JA湘南では、5月上旬までに約25トンの出荷を見込んでいる。

 入野のイチゴ生産者の原眞一さん(49)は、20アールの温室ハウスで酸味が少なく味の濃い「さちのか」と、大粒で瑞々しい「やよいひめ」の2品種を栽培。作業場には、朝5時に収穫されたばかりのイチゴが集められ、夫婦2人で色づきやキズを確認しながら粒を揃えてパック詰めしている。原さんは、「天候に恵まれず出荷は例年よりも遅れたが、今年も美味しいイチゴができた。多くの人に味わって欲しい」と話している。

 「湘南そだち」のブランド名で店頭に並ぶ、原さんらが手掛ける平塚産イチゴは鮮度にこだわる。各地の生産者が収穫後から一日置いて出荷する傾向にあるなか、甘味の強い完熟状態で消費者へ届けようと、その日の朝の収穫分は午後には出荷されている。収穫から出荷まですべて手作業とあって、「美味しいと言ってもらいたいから手を抜けない」と寸暇を惜しむ。

 今後はバレンタインやひな祭りが控えることから需要期が続く見込みで、原さんは4月末までに1万7000パックの出荷を予定。「平塚産イチゴのファンを増やしたい」と話している。

 「湘南そだち」の平塚産イチゴは、JA湘南大型農産物直売所あさつゆ広場(寺田縄)をはじめ、市内のスーパーで購入できる。

平塚版のトップニュース最新6

「リトアニアを知って」

東京五輪キャンプ

「リトアニアを知って」 文化

民間主導で交流企画

3月26日号

レッドゾーン94区域追加

土砂災害

レッドゾーン94区域追加 社会

市、ハザードマップ改訂

3月26日号

コロナ休校に支援策

商店街有志ら

コロナ休校に支援策 社会

産能大生と児童預かり

3月19日号

須賀交番 1年後に廃止

須賀交番 1年後に廃止 社会

「代官町」と統合へ

3月19日号

マスク2万枚超配布

平塚市

マスク2万枚超配布 社会

休校受け 子育て施設に

3月12日号

神厩舎をお披露目

平塚八幡宮

神厩舎をお披露目 文化

神馬「皐月」が入り初め

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 2月27日0:00更新

  • 2月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク