平塚版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

一般会計予算案 過去2番目、875億円 文化ホール整備など重点

社会

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena

 落合克宏氏市長は10日、総額で875億2000万円となる平塚市の2020年度一般会計当初予算案を発表した。前年度比67億4000万円(8・3%)増の積極的な予算編成。平塚文化芸術ホールや相模小学校移転などインフラ整備に重点を置いた。落合市長は「平塚がもっと輝く、全国に誇れるようなまちとなるための積極的な予算編成」と話した。

3年ぶりの前年増

 市長選後、初の予算編成となり、前年度に比べ一般会計は67億4000万円増。12年度の884億円に次ぐ過去2番目の規模だ。3年ぶりに前年プラスの予算とした。

 歳入では市税が法人市民税の減収などにより前年度比6億1618万円(△1・4%)の減収を見込む。一方で国庫支出金は14億6255万円(10・9%)増、県支出金は9億4103万円(16・3%)の増。また歳入の不足分を補うため、市債を前年比22億7920万円(55・6%)と大幅に増やした。

 歳出では投資的経費が前年に比べ34億円5208万円(66%)の増となった。相模小学校移転整備の事業費35億8000万円のうち14億3000万円を計上。平塚文化芸術ホールと公園を整備する見附台周辺地区整備事業では、約74億3000万円の整備費のうち約24億7000万円を盛り込んだ。

 今年70回の「湘南ひらつか七夕まつり」と花火大会の予算を拡充。東京五輪関連では7091万円の事業費を計上し、平塚波力発電所関連事業、病児保育実施のための整備事業、湘南平魅力アップ事業にも取り組む。

 特別会計はKEIRINグランプリ開催に伴い大幅に増え、前年度比で99億2340万円(14・9%)増の766憶7750万円とした。

 予算案は2月17日に開会する市議会の第1回定例会で審議される。

平塚版のトップニュース最新6

七夕まつり 初の中止か

七夕まつり 初の中止か 経済

落合市長「通常の開催困難」

4月2日号

市と警察が防犯協定

市と警察が防犯協定 社会

治安イメージ向上図る

4月2日号

「リトアニアを知って」

東京五輪キャンプ

「リトアニアを知って」 文化

民間主導で交流企画

3月26日号

レッドゾーン94区域追加

土砂災害

レッドゾーン94区域追加 社会

市、ハザードマップ改訂

3月26日号

コロナ休校に支援策

商店街有志ら

コロナ休校に支援策 社会

産能大生と児童預かり

3月19日号

須賀交番 1年後に廃止

須賀交番 1年後に廃止 社会

「代官町」と統合へ

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 2月27日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク