平塚版 掲載号:2020年4月23日号 エリアトップへ

1300店に無償配布 市商連、次亜塩素酸水を

経済

掲載号:2020年4月23日号

  • LINE
  • hatena
生成作業を行う田中さん
生成作業を行う田中さん

 平塚市商店街連合会(商連)=常盤卓嗣会長=は、新型コロナウイルスの緊急対策として、市内商店街事業主を対象に次亜塩素酸水の無償配布を始めた。

 次亜塩素酸水は、ウイルス不活性化の効果が高いとされており、ウイルス感染の予防策として地域住民に配布を開始した市町村もある。

 市商連に加盟する29商店街・約1000店と、そのほかの15商店会・約300店とあわせ約1300店に配布する。

 商連傘下の平塚市中心街イベント実行委員会=田中大輔委員長=が企画し、4月頭に次亜塩素酸水の生成器を商連事務局に導入。1時間に約200リットル作れるといい、4月15日現在で約7トンを生成。各商店会長を介して、加盟店に配布している。安全のため品質管理のテストも行う。

 「様々なイベントが中止となる中で、何かできないかと思い始めた」と田中さん。常盤会長は「心配事を少しでも減らすことができたら。商店街で安心して買い物してもらいたい」と話す。

 商店会への配布が落ち着き次第、学童保育などウイルス拡散予防に効果的な施設にも配布を行うことも検討している。

平塚版のトップニュース最新6

ジェラートで酪農後押し

下吉沢浜田牧場

ジェラートで酪農後押し 経済

国認定で6次産業化

6月24日号

全国に先駆け7月接種

平塚商工会議所

全国に先駆け7月接種 経済

東海大が全面協力

6月24日号

生理用品を無償配布

農商高校

生理用品を無償配布 教育

県モデル事業で

6月17日号

市が3施策で接種加速

新型コロナワクチン

市が3施策で接種加速 社会

7月の高齢者完了に道筋

6月17日号

市内で進む「スマート農業」

市内で進む「スマート農業」 経済

県内初導入の技術続々

6月10日号

夢のホームコート完成

地元バスケチーム

夢のホームコート完成 スポーツ

市内岡崎に新拠点

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新 文化

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter