平塚版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

100年前も「人ごみ避けよ」 寒川文書館所蔵のチラシ

社会

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena

 大勢あつまる所にはなるだけ行かざること―今にも通じるキーワードは、100年前も同じだった。寒川文書館が所蔵する「村田武夫家文書」(岡田)の1点。大正7年〜9年頃に流行したスペイン風邪について県が出したと思われるチラシだ。国内患者数は2300万人,死者38万人と猛威を振るい当時は「流行性感冒(はやりかぜ)」と呼ばれた。当時の横浜貿易新報にも「平塚町に流感蔓延の兆〜肺炎を併発して死亡せるものあるより町民一般に恐怖しつつあり」「相模紡績會社にては女工の罹病患者百余名に」「大磯地方の感冒流行・遊郭の全滅」といった記事が残っている。チラシにある「呼吸保護器(マスク)を用ふること」「度々含嗽(うがい)をすること」という呼びかけは今も変わらず。手洗いについては触れられていない。マスクは明治期から粉塵を防ぐために使われていたとされ、この流行を機に普及することになった。

平塚版のローカルニュース最新6

困っている人の助けに

困っている人の助けに 文化

進和学園が市などに寄付

7月9日号

地域の混雑 ウェブで紹介

神奈川県

地域の混雑 ウェブで紹介 社会

感染防止ブックも公開

7月9日号

無電柱化など景観整備へ

東海道本通り線等

無電柱化など景観整備へ 社会

平塚市が意見募集

7月9日号

本に触れる時間戻る

本に触れる時間戻る 文化

図書館一部サービス再開

7月9日号

消毒液で強力応援

柴田電機工業

消毒液で強力応援 社会

ベルマーレに100リットル寄贈

7月9日号

ひらつか生き物だより

ひらつか生き物だより 教育

葦原に鳴く

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク