平塚版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

県住宅供給公社 住居確保困難者へ支援 コロナ禍で県と連携

社会

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena
詳細はWebで「神奈川県住宅供給公社」と検索
詳細はWebで「神奈川県住宅供給公社」と検索

 神奈川県住宅供給公社(浅羽義里理事長)はこのほど、新型コロナウイルスの影響により解雇などで住居退去を余儀なくされた人を対象に、公社賃貸住宅へ期限付きの入居支援を実施している。県との連携事業。

 入居するには、住所地の「自立相談支援機関」へ事前相談の上、住居確保困難者としての認定や「県営住宅等の一時利用に係る証明書」が必要。2DK〜3LDKの住宅を1世帯1住戸の単位で利用。同居者は親族に限り(婚約中も可)、ルームシェアでの申し込みは不可。入居は1年間の期限付きで通常家賃の半額での提供。敷金と連帯保証人は不要となる。

 対象の賃貸住宅は▽横浜(上郷西ヶ谷、上郷台)▽湘南(浦賀、藤沢西部)▽厚木(緑ヶ丘、綾瀬寺尾本町)▽相模原(相武台、下九沢、相模原田名)▽西湘(平塚田村)の全38戸で先着順。

 申し込み・問い合わせは県住宅供給公社賃貸事業部募集契約課【電話】045・651・1797(祝日・休日除く)。

平塚版のローカルニュース最新6

バイク運転に注意

バイク運転に注意 社会

競輪場で安全啓発

7月2日号

今夏は利用者限定で営業

大磯ロングビーチ

今夏は利用者限定で営業 社会

7月2日号

日本三大七夕まつりの仲間仙台・一宮からエールが届きました

次亜塩素酸水を配布

次亜塩素酸水を配布 経済

ガイソー平塚店

7月2日号

元五輪選手が監修

元五輪選手が監修 スポーツ

市、スルガ銀と自転車振興

7月2日号

七夕と歩んだ70年

戦後復興から現在へ

七夕と歩んだ70年 文化

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク