平塚版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

七夕予算、コロナ対策に 花火大会、緑化まつりも

社会

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena

 七夕まつりや花火大会など新型コロナウイルスの影響で中止となったイベントの予算について、平塚市は予算を組み替えてコロナ対策に充てる考えを示した。6月15日の市議会総括質問で、金子修一議員(しらさぎ・無所属)の質問に答えた。

 新型コロナウイルス感染防止に伴い、平塚市では様々なイベントの中止が発表されている。市執行部によると、中止が決定している主なイベントは、湘南ひらつか七夕まつり、花火大会、緑化まつり。平塚市が負担するこの3つの事業の予算は9209万4000円にのぼる(表参照)。

 その他のイベントについては国や県の方針に沿って中止、延期、縮小などを判断。執行できない予算については新型コロナ感染症対策に充てるとの方向性を示した。

 現段階ではその他のイベントを含め、中止となった事業予算の総額を示すことは困難とした。8月中旬までに残りの事業の方向性をまとめ、9月補正予算や専決処分で予算の組み換えを行うとしている。

「エア七夕」後押し

 また、七夕まつりなど中止になった事業について、「しっかり継続すべき」という意見があり、市執行部は「エア七夕など商店街有志などの活動をしっかり後押ししたい」と答弁した。

オリパラ関連も調整

 東京オリンピック・パラリンピックの開催延期に伴い、「オリンピック・パラリンピック推進課」の予算の扱いについても質問があった。

 2020年度予算として7091万2千円、職員9人分の人件費として7961万7814円が計上されている。

 市執行部は、オリンピック・パラリンピックに対する国の動向を注視しつつ、予算の組み換えの可能性に言及した。

 また、職員については5人を併任として他の課の仕事に従事。4人が福祉総務課で特別給付金、1人が保育課の仕事についているとした。

平塚版のローカルニュース最新6

バイク運転に注意

バイク運転に注意 社会

競輪場で安全啓発

7月2日号

今夏は利用者限定で営業

大磯ロングビーチ

今夏は利用者限定で営業 社会

7月2日号

日本三大七夕まつりの仲間仙台・一宮からエールが届きました

次亜塩素酸水を配布

次亜塩素酸水を配布 経済

ガイソー平塚店

7月2日号

元五輪選手が監修

元五輪選手が監修 スポーツ

市、スルガ銀と自転車振興

7月2日号

七夕と歩んだ70年

戦後復興から現在へ

七夕と歩んだ70年 文化

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク