平塚版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

市内中高生 仲間で協働 シールド製作 223個を教育・医療機関に

社会

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena
シールドを作った(右から)諒弥君、三田君、堀岡君、靖悟君
シールドを作った(右から)諒弥君、三田君、堀岡君、靖悟君

 市内在住の中高校生4人がこのほど、フェースシールド223個を作り、地元の小中学校や医療機関に寄贈した。東京工業大学附属科学技術高校に通う佐藤諒弥君(16)が発起人となり、幼稚園から中学校まで同じ学舎で過ごした幼なじみの三田和宏君(17、湘南高)、堀岡陽樹君(16、大磯高)と、諒弥君の弟の靖悟君(14、春日野中)に呼びかけて実現した。

 学校でロボットの設計や製造を学んでいる諒弥君。新型コロナウイルスの影響で休校していた3月、諒弥君の祖母からフェースシールドの話を聞き、元々得意としていたものづくりの技術が生かせるのではと考え、製作を決めた。

 4月中旬に3Dプリンターを購入した後、インターネットで操作方法を独自に学ぶなどして作業を進めた。下旬には試作品が仕上がるも寄贈先が見つからず、三田君らに相談したところ医療機関を勧められ、寄贈が始まった。その後、地元の中学校の教職員らが4人の活動を知り、製作を依頼。市内小中学校44校に寄贈されるに至った。

 フェースシールドは、神奈川大学の准教授がインターネット上で公開している作り方を参考に、諒弥君が部分的に改良を加えるなどして作った。シールドには身近にある不要な素材を使ったり、足りない部品を自費でまかなったりした。

 学校再開後は勉学が中心となり、フェースマスクの製作はしばらく見合わせる。諒弥君は「初めての取り組みだったが、使う人のことを意識して作業できた」といい「この貴重な経験をこれからの人生に生かしていきたい」と話していた。

平塚版のトップニュース最新6

市内全チームが出場

高校野球代替大会

市内全チームが出場 スポーツ

晴れ舞台にむけ球児ら汗

7月2日号

回転寿司、焼肉店など決定

見附台再開発

回転寿司、焼肉店など決定 社会

民間施設のテナント誘致

7月2日号

旭出張所に最新鋭救急車

平塚市消防本部

旭出張所に最新鋭救急車 社会

ウイルス感染防止装置も

6月25日号

市内彩る七夕企画続々

市内彩る七夕企画続々 文化

元気届けるきっかけに

6月25日号

市内で「食」の支援続々

市内で「食」の支援続々 社会

企業やNPOなどが実施

6月18日号

仲間で協働 シールド製作

市内中高生

仲間で協働 シールド製作 社会

223個を教育・医療機関に

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク