平塚版 掲載号:2020年7月9日号 エリアトップへ

市内にチョウの楽園を 馬入花畑で NPOが企画

教育

掲載号:2020年7月9日号

  • LINE
  • hatena
6月20日に行ったバタフライガーデンづくりのようす
6月20日に行ったバタフライガーデンづくりのようす

 NPO法人暮らし・つながる森里川海(臼井勝之代表)が6月20日、イシックス馬入のお花畑の一角で、チョウをはじめとした生き物が集まる野外博物館「バタフライガーデン」づくりをスタートさせた。

 この取り組みは、草だらけで入りにくくなってしまっている花畑を整備し、四季を通してより多くの生き物が棲める環境を作ろうと企画された。在来の多様な植物を植えることで、マメ科の草を食べるシジミチョウ類や、セリ科やスミレ類を好むキアゲハ等の訪れを期待できる。臼井さんは「単一の植物のみだと、生息する生き物の種類も特定されてしまう。それでは多様性は生まれない。うまくいけば、20〜30種のチョウがくる可能性がある」と話す。

 雑草とりなど、土壌づくりから始めた初日には、約20人の親子が参加した。子どもたちは草に隠れるバッタや、土の中のカナブンの幼虫を見つけては、興奮したようすで「これは何の虫ですか」と同団体メンバーに尋ねていた。

 臼井さんは「自然環境保全の気持ちを遊びながら育むフィールドミュージアムとして将来も継続させたい」とし、同団体の会員でなくても参加できる「馬入水辺の楽校生き物がかり隊」を結成。9月6日にチョウの観察会を予定している。

 同団体の活動スケジュールについては、ホームページで確認。

平塚版のトップニュース最新6

集団接種のペース鈍化

新型コロナワクチン

集団接種のペース鈍化 社会

予約枠に空き目立つ

10月14日号

夢のサッカーゴール実現

なでしこ小飯坂悠斗君

夢のサッカーゴール実現 スポーツ

嘆願書に思いづつる

10月14日号

耳で辿る秋山博の縁

耳で辿る秋山博の縁 教育

金目エコが盲学校で授業

10月7日号

本日開店 ラーメン自販機

本日開店 ラーメン自販機 経済

人気店の味 湘南エリア初

10月7日号

市制90周年ロゴ決定

市制90周年ロゴ決定 社会

市内在住の日景さん作

9月30日号

プレミアム付与で推進

マイナンバーカード普及

プレミアム付与で推進 経済

平塚市 10月から独自策

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook