平塚版 掲載号:2020年8月6日号 エリアトップへ

市ロゴ入りマスク完成 「ありがとう」で販売中

社会

掲載号:2020年8月6日号

  • LINE
  • hatena
マスクづくりを担当し完成品を手にする福祉事業所の利用者
マスクづくりを担当し完成品を手にする福祉事業所の利用者

 平塚市役所1階の障がい者福祉ショップ「ありがとう」で7月29日、平塚市のロゴマークがデザインされたマスクの販売がスタートした。

 手洗い啓発に使用されているロゴマークをプリントしたデザイン(300円〜400円)と、「#hiratsukagood」が刺繍されたデザイン(500円)の2種が用意されている。

 同ショップ運営協議会(高橋眞木会長)が考案し、市に提案して実現。5つの福祉事業所が製作に携わっている。刺繍を担当したという貴峯荘(きほうそう)の鈴木正代さん(63)は「皆に使ってもらえたら嬉しい」と話した。

 「ありがとう」は、7月末で6周年を迎えた。高橋会長は「最初はこんなに続くと思わなかった。各事業所の努力のおかげ。市役所で販売できると意欲が高まる」と話す。同ショップの営業時間は平日午前10時〜午後3時半。
 

平塚版のローカルニュース最新6

コスモスとひまわりの共演

コスモスとひまわりの共演 教育

美里・柿の実こども園

10月14日号

「希望に満ちたシーズンに」

神奈川フィル

「希望に満ちたシーズンに」 文化

来季プログラムを発表

10月14日号

私たちの抱負

22年成人式実行委員を紹介!

私たちの抱負 社会

〜後編〜

10月14日号

美しさひも解く初個展

美しさひも解く初個展 文化

真田在住 米満さん

10月14日号

生徒が教会で「模擬葬儀」

生徒が教会で「模擬葬儀」 教育

葬祭専門学校の体験授業

10月14日号

「伝統」と「革新」、柔軟に対応

特別インタビュー

「伝統」と「革新」、柔軟に対応 経済

豊島屋 久保田陽彦社長に聞く

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook