平塚版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

平塚市 ひばり幼稚園存続へ 市内公立園見直しで

教育

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena
存続が決まったひばり幼稚園
存続が決まったひばり幼稚園

 平塚市は、2020年上半期までに存続か廃園かの最終結論を出すとしていたひばり幼稚園について20日、「当面は公設公営として存続する」と、市議会議員向けの定例行政報告会で報告した。

 市内の公立幼稚園については、少子化が進み入園児の充足率が下がっていることや、園舎の耐震不足、民間事業者の委託推進などを背景に、2017年から「幼保一元化に関する公立園の見直しについて」という取りまとめをもとに統廃合や民営化が進められてきた。見直し前は5園あった市内公立園は、現在2園に減少。24年4月以降に吉沢保育園と合併し民営こども園化が予定されている土屋幼稚園と、ひばり幼稚園のみとなっている。

 公立幼稚園の存続をめぐっては、保護者らの有志団体「公立幼稚園を残す会」(柏木晴美代表)が3年前に発足し、存続に向けての意見交換会や勉強会を実施してきた。

 同会は公立幼稚園の存続を求める理由として、小中学校・特別支援学校との連携、途中入園の積極的な受け入れ、発達障がいや障がいがあると判断しきれない子ども・外国籍の子どもなどを幅広く受け入れる「支援枠」があり、クラスの一員として過ごすことで自然と社会の多様性を学べる「インクルーシブ教育」の場になることなどを訴えてきた。

 市は報告書の中で、ひばり幼稚園の運営については、今後も社会状況の変化や施設の状態、インクルーシブ教育の取り組み状況などを総合的に見極め判断するとした。廃園や統合による認定こども園化も含め、5年後をめどに再度検討するという。

 公立幼稚園を残す会の柏木代表は「これまで、公立幼稚園の良さを知ってもらおうと活動してきた。市の回答にひとまずほっとしています」と話していた。
 

平塚版のトップニュース最新6

地産地消で賑わい創出

(有)浜田牧場

地産地消で賑わい創出 文化

下吉沢でジェラート販売へ

10月22日号

中学3年生で起業家に

宝町在住高久さん

中学3年生で起業家に 社会

SDGs等 同年代に発信

10月22日号

コロナ影響?増加傾向

コロナ影響?増加傾向 社会

平塚署管内の交通事故

10月15日号

砲丸投げで全国へ

砲丸投げで全国へ スポーツ

土沢中の桑原さん

10月15日号

205台増設で待機解消へ

駅南口駐輪場

205台増設で待機解消へ 社会

一時利用は廃止

10月8日号

個性派マスクを募集

個性派マスクを募集 文化

「コロナ禍楽しもう」と企画

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク