平塚版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

「タコ手ぬぐい」再販も大反響 河野大臣のマスクで注目

経済

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
可愛いらしい「タコ青海波」が特徴の手ぬぐい
可愛いらしい「タコ青海波」が特徴の手ぬぐい

 この夏、話題になったマスクをご存じだろうか。地元選出の河野太郎防衛大臣が公務の際に着用したことで話題になった「大磯照ヶ崎」の文字と可愛らしいタコのイラストが目を引く布マスクだ。その材料に使われた手ぬぐいが再販され、大磯駅前観光案内所で購入できるようになった。本紙、大磯・二宮・中井版で報じたところ、反響が大きく即完売。次回入荷は9月下旬を予定しているという(大磯町観光協会【電話】0463・61・3300)。

 この手ぬぐいは、文化芸術活動を通じたまちづくりに取り組む市民団体「アートプロジェクト大磯」が、2017年に高来神社で開催された「大磯高麗山芸術祭」で照ヶ崎海岸の伝説のプロモーションを兼ねて200本製作したもの。その在庫を地元の芦川酒店に置いて販売してもらっていたところ、今年7月に「大磯らしい手ぬぐい」を探す河野大臣の秘書が同店を訪れて購入。その後、この手ぬぐいで仕立てたマスクを河野大臣がツイッターで公開し「地元愛を感じる」「どこで売っているの」と話題になった。自衛隊オークションや雑誌インタビューの際にも着用していたことからさらに噂が広まり、町観光協会にも問い合わせが相次いだという。同店の芦川博昭さんは「河野さんのおかげで『大磯照ヶ崎』が全国区になった」と喜ぶ。芦川さんと親しく洋裁の師範を持つ武井久江さんは、大臣と同じマスクを希望する人にボランティアでマスクを仕立ててプレゼントした。「手ぬぐい1本からマスク3枚が作れます。マスク作りを楽しんで」と武井さん。

 在庫の手ぬぐいは完売となったが、問い合わせが続いたことから、このほどの再販が決まった。

大磯知るきっかけに

 販売される「照ヶ崎のタコ手ぬぐい」は、大磯の海で引き揚げられた光り輝くタコが千手観音に姿を変えたという照ヶ崎海岸の伝説にちなんだデザイン。再販に伴いサイズや素材がやや変わったが、迫力のある文字や「タコ青海波」の模様は健在。通常1本1200円を800円の特別価格で販売する(税込)。

河野大臣のマスクを参考に武井さんが再現したマスク
河野大臣のマスクを参考に武井さんが再現したマスク

平塚版のローカルニュース最新6

タブレットで簡単検査

平塚市

タブレットで簡単検査 社会

認知症の早期発見に期待

9月24日号

市役所で取得支援

マイナポイント

市役所で取得支援 社会

9月24日号

成年後見制度とは

受講者募集

成年後見制度とは 社会

10・11月にセミナー

9月24日号

足かけ10年事故なし

足かけ10年事故なし 社会

須賀の有志が交通啓発

9月24日号

感染対策診療所に認定証

神奈川県歯科医師会

感染対策診療所に認定証 社会

9月24日号

ひらつか生き物だより

ひらつか生き物だより 教育

モズの高鳴き75日

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク