平塚版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

コロナ影響?増加傾向 平塚署管内の交通事故

社会

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena
平塚署の入口で反射材などを配布
平塚署の入口で反射材などを配布

 今年に入り平塚市内で発生した交通事故の発生件数が、昨年と比べて増加傾向にある。平塚警察署(鎌田耕造署長)では新型コロナ感染拡大が一因とみており、交通安全の啓発活動と取り締まり強化を図っていく方針だ。

 平塚署交通課によると10月5日現在、市内で発生した人身事故は540件(昨年同時期比3件増)で、1人が死亡している。内訳をみると、高齢者が巻き込まれた事案は204件(同12件増)。二輪車は160件(同34件増)、自転車は169件(同5件増)と続く。一方、県内の事故発生件数は1万4558件(2600件減)で、例年並みだという。

自転車の売り上げ増

 事故の増加傾向について担当者は「新型コロナの影響で電車通勤を回避し車やバイク、自転車の利用が増えたのでは」と分析している。八千代町の自転車店「宮川サイクルスポーツ」への取材によると、緊急事態宣言が解除された6月以降の自転車の売れ行きは昨年と比べおよそ1・5倍に増え、今も品薄状態が続いているという。

 同課担当者によると「市内の事故件数は看過できない増加傾向にある」といい、10月12日〜16日にかけ、市内で歩行者妨害や一時停止、飲酒運転などの取り締まりを強化。1日におよそ300人が訪れる平塚署では靴用の反射材や飲酒運転追放の啓発ステッカーなどの配布も開始した。

 平塚署では、交通事故が増加するとみられる年末を前に、引き続き取り締まり強化と交通安全啓発を続けていく。

平塚版のトップニュース最新6

地場酪農に追い風

湘南農業協同組合

地場酪農に追い風 文化

かながわブランドに2品

10月29日号

農の魅力 対面で発信

農の魅力 対面で発信 経済

西海岸でマーケット開始

10月29日号

地産地消で賑わい創出

(有)浜田牧場

地産地消で賑わい創出 文化

下吉沢でジェラート販売へ

10月22日号

中学3年生で起業家に

宝町在住高久さん

中学3年生で起業家に 社会

SDGs等 同年代に発信

10月22日号

コロナ影響?増加傾向

コロナ影響?増加傾向 社会

平塚署管内の交通事故

10月15日号

砲丸投げで全国へ

砲丸投げで全国へ スポーツ

土沢中の桑原さん

10月15日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月29日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク