平塚版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

(PR)

胃がんや大腸がんの早期発見に内視鏡 医療レポート 「定期的な受診が大切」 取材協力/伊勢原協同病院

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
伊勢原協同病院消化器内科の常勤医師ら8名。前列右から2番目が小野部長、3番目が大野副院長
伊勢原協同病院消化器内科の常勤医師ら8名。前列右から2番目が小野部長、3番目が大野副院長

 内視鏡技術の進化によって、胃がんや大腸がんなどの検査や内視鏡治療が身近なものになった。地域の中核病院として機能する伊勢原協同病院(鎌田修博病院長)の消化器内科部長、小野弘二医師に話を聞いた。

 同科では現在、8名の常勤医が在籍している。食道・胃から大腸までの消化管疾患をはじめ、肝臓領域の専門医も在籍しているため、肝臓、胆のう、すい臓までほとんどの消化器疾患をカバー。外来診療では、常に3名〜4名の医師が患者と向き合っている。

 同院の消化器内科では、医師や看護師などが定期的なミーティングを行い、症例を共有。外科的診療が必要な症例については、同院の外科と連携し、切れ目のないチーム医療を実践している。

 また、同院の消化器内科には大野副院長をはじめ内視鏡の指導医が複数名在籍していることも特徴の一つ。日本消化器内視鏡学会指導施設にも位置づけられている。

 希望者には鎮静剤を使用した内視鏡検査や、鼻から入れる経鼻内視鏡検査も対応しており、患者の負担が少ない選択肢を提案。一日で胃と腸の両方を検査することもでき、食道や胃、大腸の早期がんであれば、内視鏡で切除することもできる。

 小野部長は「コロナで受診控えが広がっていますが、感染対策に留意して診療しています。胃がんや大腸がんは早期発見が大切。定期的な受診をお勧めします」と話す。

伊勢原協同病院

伊勢原市田中345

TEL:0463-94-2111

http://www.iseharahp.com/

創業1951年、老舗のお餅

お雑煮や鍋の具に、さっと焼いて好みの味で。オンライン販売あり。

https://www.navida.ne.jp/snavi/100577_1.html

横浜幸銀信用組合平塚支店

平塚支店12月6日、平塚駅北口ロータリーに移転オープン

https://www.yokohamakougin.co.jp/

<PR>

平塚版のピックアップ(PR)最新6

「家族大好き職人募集!」

「家族大好き職人募集!」

相馬工業が塗装の常識塗り替える

12月2日号

駅前にインターナショナルスクール

駅前にインターナショナルスクール

6日開校 2歳〜保育、学童も

12月2日号

ルイヴィトンバッグ強化中

大掃除で出てきた物は買取店わかばへ

ルイヴィトンバッグ強化中

12月16日(木)まで5千円以上で必ず買取

12月2日号

安心納得の査定を約束

安心納得の査定を約束

おたからや西八幡店

12月2日号

「4週連続」ノウハウ活かした相談会

積水ハウス株式会社 湘南支店

「4週連続」ノウハウ活かした相談会

個別・予約制 平塚ギャラリー

11月25日号

「職人技」で大満足施工

成田屋商店

「職人技」で大満足施工

地元で働ける求人も

11月25日号

MADOショップ平塚真土店

省エネ・結露・防音・防犯にあったか「内窓」はいかが

http://kobayashikenso.co.jp

横浜幸銀信用組合平塚支店

平塚支店12月6日、平塚駅北口ロータリーに移転オープン

https://www.yokohamakougin.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook