平塚版 掲載号:2021年2月11日号 エリアトップへ

植物の生き様描く 紅谷町在住 松本さん

文化

掲載号:2021年2月11日号

  • LINE
  • hatena
創作中の松本さん
創作中の松本さん

 市内紅谷町在住の松本千鶴さん(69)は、平塚で見られる雑草をモチーフに植物画を描き続けている。松本さんは「新型コロナの影響で気持ちが塞ぎがちな今こそ、雑草の生命力にヒントがある」と、遠くに行けないからこそ身近な植物と向き合い、筆をとり続ける。

 松本さんは東京芸術大学を卒業後、藤沢市で美術教諭を務めた。理科教師で植物が専門だった夫の影響で植物に興味を持ち、36歳で本格的に植物画を習い始めた。「じっくり一つの植物を観察していると今まで何を見てきたのかと思うくらい、新鮮な気持ちで美しさを感じた」と松本さん。ありのままを描くことを意識しつつも、水彩の透明感を生かした淡いタッチが特徴だ。

コロナ禍のヒントに

 昨年2月には「松本千鶴植物画集2 湘南の身近な草との語らい」(幻戯書房・2500円)を出版。掲載作品は、平塚駅から海岸への道のり等を繰り返し歩き、草花の状況を定点観測している中で見つけたものばかりだ。「去年はハコベだったのに今年はキュウリグサが元気だとか、どんどん入れ替わるのが面白いです」。心に留まった雑草は、持ち帰って花瓶につけ、水を吸う様子や花が開いたり閉じたりするのを観察し、植物が「どう生きているか」を読み取っていく。

 松本さんは「すぐそばにあるものを新しい気持ちで観察してみてください。色や香り、形を発見できると、心がやすらぐはず」と話していた。
 

平塚版のローカルニュース最新6

感染対策の一助へ

平塚法人会

感染対策の一助へ 社会

40周年で測定器寄贈

2月25日号

洋館にお雛様

ゆかりのバラ市川市へ

ゆかりのバラ市川市へ 文化

湘南平塚白秋の会が

2月25日号

糸から紡ぐ織作品を出展

糸から紡ぐ織作品を出展 文化

片岡在住 田中さん

2月25日号

平塚産の花PR

平塚産の花PR 文化

市役所にツリー設置

2月25日号

新型コロナの影響で縮小開催へ

【Web限定記事】2020年度「福祉会館まつり」

新型コロナの影響で縮小開催へ 文化

3月17日〜23日、展示部門のみ

2月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク