平塚版 掲載号:2021年2月18日号 エリアトップへ

平塚市21年度当初予算案 過去最大の一般会計に 初の900億円超え

社会

掲載号:2021年2月18日号

  • LINE
  • hatena

市税収入は27億円減

 平塚市は2021年度の当初予算案を2月9日に発表した。一般会計は前年比27億2000万円増の902億4000万円として過去最大規模に。一方で市税は前年から27億9650万円の減収を見込み、財政調整基金からの繰り入れや市債で財源不足を調整した。

コロナに勝ち命と暮らし守る

 平塚市の21年度当初予算案は一般会計を902億4000万円とした。前年から27億2000万円と大幅に増やした(3・1%増)。12年度の884憶円を超え過去最大規模となった。

 特別会計は717億9250万円、公営企業会計は293億5800万円。合計1913億9050万円となり、全会計の合計では前年より30億4400万円減(1・6%減)とした。

 記者会見に臨んだ落合克宏市長は「市民の命と暮らし、そして平塚のまちを守るためにコロナに打ち勝つまちづくり。これを推進するための予算」と予算編成について語った。

 主な予算として新文化芸術ホールなど見附台周辺地区の整備事業に42億8880万5000円、新型コロナウイルスワクチン接種関連として7億4054万1000円が計上されている。

 また、昨年コロナの影響で中止となった七夕まつりと花火大会の予算は、実施する方向で予算を確保した。

 財源について、市税の収入を前年比27億9650万3000円減(6・5%減)の402億4293万6000円と見込む。不足分は繰入金や市債を増額してまかなう。

 主な内訳は財政調整基金の繰入金15億6300万円(前年比9億7286万3000円増)、公共施設整備保全基金繰入金12億9392万6000円(前年比3億272万3000円増)。市債は全体で93億1630万円(前年比29億3610万円増)。

 落合市長は「財政調整基金について、市長就任から10年間で前任(前市長)から約24億円積み増してきた。この危機に際し、安全安心対策でしっかりと使う」と話した。

平塚版のトップニュース最新6

「サガン鳥栖」を迎え撃て

ベルマーレ

「サガン鳥栖」を迎え撃て スポーツ

2月27日ホーム開幕戦

2月25日号

「あおぞら号」廃止の方針

平塚市図書館

「あおぞら号」廃止の方針 教育

地域の読書環境整備も

2月25日号

地元Vで初戴冠に弾み

平塚出身尾崎選手

地元Vで初戴冠に弾み スポーツ

女子競輪ビッグレースへ

2月18日号

過去最大の一般会計に

平塚市21年度当初予算案

過去最大の一般会計に 社会

初の900億円超え

2月18日号

熱い思いで貸出代行

平塚商議所飲食業部会

熱い思いで貸出代行 社会

コロナ対策のアクリル板

2月11日号

スターライトP(ポイント)再び

平塚市

スターライトP(ポイント)再び 経済

4月以降に販売の公算

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク