平塚版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

(PR)

耳鼻咽喉科に今年1月から常勤医師が着任 医療レポート 連携して診療体制を拡大 取材協力/伊勢原協同病院

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena
北尾恭子医師(前列中央)と耳鼻咽喉科の看護師、臨床検査技師、外来受付スタッフら
北尾恭子医師(前列中央)と耳鼻咽喉科の看護師、臨床検査技師、外来受付スタッフら

  人間の耳や鼻、のど、首、甲状腺などの領域を診る耳鼻咽喉科。五感のうち「聴覚」「嗅覚」「味覚」の3つの感覚器の症状に対応し、生活していく上で大事な部分の治療にあたる。今回は、伊勢原協同病院(鎌田修博病院長)の耳鼻咽喉科の常勤医師として、今年1月に着任した北尾恭子医師に話を聞いた。

 同病院の耳鼻咽喉科外来は、月曜日から土曜日(第3土曜日を除く)までの診療体制を取っている。北尾医師が常勤医師として着任したことで、受付時間を8時30分から11時30分までに拡大。非常勤医師と連携した主に2診での診療体制が整い、患者の外来待ち時間短縮につながっている。

 北尾医師は、日本耳鼻咽喉科学会専門医。耳鼻咽喉科一般の治療に加えて、専門分野として中耳炎や甲状腺腫瘍の手術などを手がける。また、同科では突発性難聴や顔面神経麻痺、睡眠時無呼吸症候群の症状などにも対応。「慶應や東海などの大学病院から来て頂いている非常勤医とも連携して、手術や専門的な医療を提供していきたい」と抱負を話す。

 コロナ禍で受診を控える傾向も見受けられるが、「気になることがあれば早めに相談することが大切。特にお子さんの聞こえに不安がある場合は早めに専門医に相談しましょう」と語る。また、「近隣の開業医の先生方とも連携を取りながら、緊急の手術や入院にもできる限り対応していきます」と述べた。

伊勢原協同病院

伊勢原市田中345

TEL:0463-94-2111

http://www.iseharahp.com/

平塚版のピックアップ(PR)最新6

症状の改善を見込める「万能整体法」

気流院 湘南の風

症状の改善を見込める「万能整体法」

タウン読者限定 初診料サービス

4月15日号

工場建築「システム構法」の利点

施主に聞く

工場建築「システム構法」の利点

(株)門倉組新ブランド「ワイズ」

4月15日号

「窓」一筋で創業50年

「窓」一筋で創業50年

これからも「家」のことなら小林建窓

4月15日号

マスク越しでも会話スッキリ

マスク越しでも会話スッキリ

「きこえ何でも相談」受付中(要予約)

4月8日号

納得の査定をお約束

新規オープン

納得の査定をお約束

おたからや西八幡店

4月8日号

「HACCP」対応 全面サポート

「HACCP」対応 全面サポート

(株)門倉組が専門ブランド設立

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter