平塚版 掲載号:2021年3月11日号 エリアトップへ

元麻布ギャラリーで14日まで「びん細工展」を実施している 伊東 幸子さん 明石町在住 87歳

掲載号:2021年3月11日号

  • LINE
  • hatena

秘密の「びん細工」伝え

 ○…フラスコ型の丸いガラス瓶に、びんの口よりも大きな手まりやかご、ちりめん細工を入れたミステリアスな工芸品「びん細工」を趣味で制作している。これまで作ってきた約40点の作品を元麻布ギャラリー平塚(明石町)で14日(日)まで展示中だ。びん細工は口伝えを基本として伝承されてきた技術。「私にびん細工を教えてくれた大叔母は、和裁の稽古の合間に、一人ひとり、屏風の影で先生からびん細工の技を教えられたとか。この技術が消えてしまわないよう、たくさんの方にご覧いただきたい」と伝統技術を紡いでいく。

 ○…びん細工との出会いは大叔母が贈ってくれた初節句のお祝い。お雛様と一緒に飾られる花の飾りがあしらわれた赤い手毬入りの作品は、子どもながらに不思議で興味をそそられた。「ずっと心に残っていて、自分で習いたいと思ったのは30代の頃。知り合いに紹介してもらったおばあさんに習いました」と幼い頃の憧れそのままに作品作りに没頭した。

 ○…小児科医60年の節目となる一昨年3月に引退。終戦後に父が開業した「雲出小児科」(明石町)を継ぐ前は、都内の大学病院で新生児や未熟児などを中心に診察した。「大学病院に勤務時代、当直の晩に時間があると、母がセーターを作ってくれたのと同じように、私もよく編み物をしていました」。多くの子どもたちを診てきた手には、手仕事の習慣が染みついている。

 ○…元気の源は「やっぱりベルマーレ」とにっこり。1994年からホーム戦はほとんどスタジアムで観戦している。着用しているユニホーム番号はサポーターが身に着ける「12」。「選手はみんな孫みたいなもの。今年も湘南らしくたくさん走って戦ってほしい」と声を弾ませていた。

平塚版の人物風土記最新6

浜野 達也さん

今年4月から平塚市博物館の館長に就任した

浜野 達也さん

市内在住 54歳

5月7日号

米山 健二さん

障害者就労施設の職員として衛生管理手法HACCPの認証取得に尽力した

米山 健二さん

しんわルネッサンス勤務 48歳

4月29日号

石原 淳さん

4月1日付で平塚市病院事業管理者(平塚市民病院)に就任した

石原 淳さん

南原在勤 66歳

4月22日号

山崎 伸一さん

4月1日付で平塚市消防本部の第21代消防長に就任した

山崎 伸一さん

田村在住 59歳

4月15日号

雨宮 恵子さん

平塚地区自閉症児・者親の会(平塚やまびこ会)の地区代表を務める

雨宮 恵子さん

長持在住 57歳

4月8日号

宝蔵寺 賢(さとし)さん

4月1日付けで第31代平塚商工会議所青年部(YEG)会長に就任した

宝蔵寺 賢(さとし)さん

土屋在住 44歳

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter