平塚版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

平塚警察署 アクティブ交番 4月始動 須賀交番の統合うけ

社会

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena
屋外に設営され市民に対応する(平塚漁港で11日撮影)
屋外に設営され市民に対応する(平塚漁港で11日撮影)

 平塚警察署(鎌田耕造署長)管内にある須賀交番が3月末で役目を終え、花水台・平塚駅前・代官町の3交番と統合される。これに伴い、4月1日から車両型の移動式交番「アクティブ交番」が同署に配備され、須賀交番の周辺3カ所で交番業務を担う。

 神奈川県警の独自の取り組みであるアクティブ交番は、パトカー機能を有するワンボックスタイプの乗用車を活用。署員2人が拾得物の届け出対応や住民からの相談受付などの交番業務を行う。

 稼働は1日に4時間、日替わりで平塚漁港・須賀公園・平塚競輪場の3カ所に駐留する予定だ。アクティブ交番の稼働状況や市民の反応を踏まえながら、稼働時間の見直しなども随時検討していくという。

 平塚署の松枝博・地域担当次長は「須賀交番は統合されるが、アクティブ交番の機動力を生かし、治安水準を逆に高めていく」としている。

交番は11カ所に

 人員を効果的に再配置する「選択と集中」により多様化する犯罪に対応していくため、県警では交番の統合を全県で進めている。2019年に策定された「県警察交番等整備基本計画」に基づく措置で、20〜29年度までに県内471の交番を400カ所程度とする。

 平塚署によると、須賀交番は事故や警報事案が少ない上、建物の老朽化や耐震化の必要性などを指摘する声もあった。統合により市内の交番は1減の11カ所、駐在所は9カ所となる。

平塚版のトップニュース最新6

生理用品を無償配布

農商高校

生理用品を無償配布 教育

県モデル事業で

6月17日号

市が3施策で接種加速

新型コロナワクチン

市が3施策で接種加速 社会

7月の高齢者完了に道筋

6月17日号

市内で進む「スマート農業」

市内で進む「スマート農業」 経済

県内初導入の技術続々

6月10日号

夢のホームコート完成

地元バスケチーム

夢のホームコート完成 スポーツ

市内岡崎に新拠点

6月10日号

集団接種を毎日実施へ

新型コロナワクチン

集団接種を毎日実施へ 社会

平日の市役所で調整

6月3日号

ラグビー部をクラブ化

平塚工科高

ラグビー部をクラブ化 スポーツ

全国初 外部生も加入可に

6月3日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新 文化

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter