平塚版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

子ども・子育て支援大賞 市内2団体が表彰 県内のモデルケースに

社会

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena
リモート授業のようす(須賀の寺子屋提供)
リモート授業のようす(須賀の寺子屋提供)

 神奈川県の第14回かながわ子ども・子育て支援大賞が11日に決定し、平塚市からは「子ども学習支援グループ 須賀の寺子屋」(大野文代表)が奨励賞、「NPO法人 未来経験プロジェクト」(平井伸幸代表)が草の根賞を受賞した。

須賀の寺子屋

 「子ども学習支援グループ 須賀の寺子屋」は2016年の設立以来、小中学生に無償で学習支援の場を提供してきた。

 会場が借りられないなど、新型コロナの影響を受けたが、今年1月までに寺子屋を利用していた中学生23人にタブレットを配布。無料の学習ソフトやオンライン会議システムを活用した対面授業、郵送による添削で、子どもたちの学習機会の確保に努めた。

 大野代表は、「子どもたちの置かれている環境も多様化している。今後もニーズに細かく応えられるよう、活動していきたい」と話していた。

未来経験プロジェクト

 市内4カ所で子ども食堂を運営し、県内初の朝ごはんの提供も先駆けて行った。そのほか、学習支援や職業・農業体験の事業を実施している。昨年6月には、コロナの影響で休校明けの給食再開までの間、お昼ごはんサポート「おにぎり会」を2週間実施。約1000個を無料配布した。

 同団体の堤園子さんは、「お母さんたちにご飯作りを休んでゆっくりしてね、という気持ちでやっていた。コロナ禍だからこそ、気を付けながら会える場所を作りたかった。賞をいただけてうれしい」と喜びを語った。

 同大賞は県子ども・子育て支援推進条例に基づき、県内における支援活動のモデルとなる事業を表彰するもの。23件の応募があり選考された。
 

おにぎり配布のようす(未来経験プロジェクト提供)
おにぎり配布のようす(未来経験プロジェクト提供)

平塚版のトップニュース最新6

6月の通常開催は中止

よさこい祭り

6月の通常開催は中止 文化

年内に代替企画目指す

5月7日号

電子図書館、7月開設へ

平塚市

電子図書館、7月開設へ 文化

非接触型サービスを拡充

5月7日号

コロナ苦境の力に

カレンカップ

コロナ苦境の力に 社会

2年ぶり 愛娘偲ぶ大会

4月29日号

「スターライト」に新機能

平塚市独自電子決済

「スターライト」に新機能 経済

地域通貨化見越し運用

4月29日号

5年ぶりに待機児童ゼロ

平塚市

5年ぶりに待機児童ゼロ 教育

保留児童は245人

4月22日号

港分団庁舎が完成

平塚市消防

港分団庁舎が完成 社会

5月から運用開始

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter