平塚版 掲載号:2021年5月20日号 エリアトップへ

4月1日付で県平塚土木事務所の所長に就任した 久保 徹さん 東八幡出身 59歳

掲載号:2021年5月20日号

  • LINE
  • hatena

全力プレー貫くリーダー

 ○…県道や国道、河川の護岸に堤防・海岸・港湾・公園まで、生活の根幹をなす社会インフラの整備や管理を担っている県平塚土木事務所。およそ100人の職員を率いる舵取り役は「コロナ禍とはいえ、秩序ある安心のまちづくりに待ったなし。皆が住みよいまちを『創る』『守る』を心がけてほしい」と着任時に訓示した。

 ○…東八幡(現在)に生まれた。父の影響で小学生の頃からサッカーを始め、日暮れまでボールを追いかける毎日を過ごした。湘南高校に在学中、「トンネルや橋、道路…そうした大きなものを造る仕事に将来携わりたい」と考え、卒業後は早稲田大学の土木工学科に進んだ。勉学に勤しむ一方、大学公認の運動部「理工サッカー部」で競技を続行。23歳で県の採用試験に合格後は職員有志からなる「県庁サッカー部」に所属、冷めることのないサッカー熱は職場でも話題となった。

 ○…県職員として働き始めて37年、昼休みを利用したランニングを欠かさず続けてきた。厚木土木事務所や横須賀土木事務所などで所長を歴任したここ6年あまりは、毎朝7時45分に出社し、所長室で筋力トレーニングを行ってきた。「タバコはしない。コロナ禍で飲み会もしなくなった」。人一倍に健康に留意する理由は、やはりサッカー。現在はクラブの部長を務め、50歳以上の職員で構成されるチーム「フェニックス」(不死鳥)で不動のディフェンダーとして活躍する。

 ○…定年を1年後に控え、「最後の最後まで『社会の役に立つ』ということに向き合いつつ、これまでの経験を後進に託していきたい」と前を向く。「80歳代になってもサッカーを続けたい」と語るリーダーは、試合終了のホイッスルまで全力プレーを貫く。

平塚版の人物風土記最新6

冨樫 幹大(みきひろ)さん

湘南ベルマーレひらつかビーチパークのライフセービングクラブリーダー

冨樫 幹大(みきひろ)さん

東海大3年 21歳

7月22日号

中谷 啓秀さん

6月に湘南ひらつか七福神会の会長に就任した

中谷 啓秀さん

榎木町在住 40歳

7月15日号

白石 慎太郎さん

今年設立20年を迎える平塚警察署協議会の会長を務める

白石 慎太郎さん

中堂在住 59歳

7月8日号

志村 吉一さん

5月27日付で平塚市防犯協会の会長に就任した

志村 吉一さん

東中原在住 72歳

7月1日号

水嶋 一耀さん

今年50周年を迎えた市内の美術愛好会・すさ美会の会長を務める

水嶋 一耀さん

紅谷町在住 77歳

6月17日号

松山 明彦さん

平塚市観光協会の事務局長に6月1日付けで就任した

松山 明彦さん

岡崎在住 60歳

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter