平塚版 掲載号:2021年5月20日号 エリアトップへ

ひばり幼稚園中原小学校 幼小合同で初の避難訓練 津波想定 園児も屋上へ

教育

掲載号:2021年5月20日号

  • LINE
  • hatena

 市立ひばり幼稚園(西浜馨園長・園児数29人)と市立中原小学校(伊藤晴江校長・児童数423人)は5月17日、合同で地震・津波訓練を実施した。幼小合同で避難訓練を行うのは初の試み。

 当日は大地震が発生し大津波警報が出されたと想定して小学校の屋上まで避難する訓練を実施した。年中・年長の園児は園舎から徒歩で小学校まで移動し、小学校で屋上までの経路を確認した。

 中原小では当初全児童が参加対象だったが、天候不良のため1・2年生と特別支援学級の児童が屋上までの経路確認を行った。園児・児童とも保護者への引き渡し訓練も行われた。中原小学校のエリアは津波ハザードマップの対象になっていないが、伊藤校長は「備えあれば憂いなしの心構えで訓練を実施している」と話す。また、新型コロナウイルスの感染予防も徹底された。

 娘の華穂ちゃん(幼稚園年長)の引き取りに訪れた保護者の坂本朋子さんは「津波の時はどこに避難したら良いか知らなかったのが不安だった。学校と園で訓練を実施してくれてありがたい」と話していた。

小1ギャップ対策

 ひばり幼稚園と中原小学校は、これまでも連携して様々な行事を行ってきた。新型コロナの影響で昨年はほとんど実施できなかったが、運動会や音楽会、プール、給食などで交流があった。

 西浜園長は「避難訓練は防災が第一の目的だが、幼小の連携事業には『小1ギャップ対策』という側面もある。子どもは急激な環境の変化に対応するために慣らしておくことが重要」と訴える。また、公立幼稚園としての役割として、小学校との連携の成功例として他エリアに示したい、とも語った。

 伊藤校長は「小学生にとっても合同で訓練することで園児をいたわる体験になる。『地域で協力する』という気持ちも育める。幼稚園とはなるべく連携して繋がりを持ち続けたい」と話した。
 

平塚版のトップニュース最新6

延期か中止の危機

市立中学修学旅行

延期か中止の危機 教育

昨年に続きコロナ禍で

9月16日号

市も塩害調査実施へ

龍城ケ丘プール跡地

市も塩害調査実施へ 政治

地元住民が検証結果提出

9月16日号

シイラで地域の魅力発信

平塚農商高

シイラで地域の魅力発信 経済

地元飲食店と商品開発

9月9日号

妊婦の「声」に耳傾け支援

妊婦の「声」に耳傾け支援 社会

運営資金をクラファン

9月9日号

「きょうだい児」の居場所を

「きょうだい児」の居場所を 文化

支援の会「ワッフル」活動中

9月2日号

通学路安全対策に2800万円

通学路安全対策に2800万円 社会

平塚市の9月補正予算

9月2日号

相模水産有限会社

平塚市花水台36-5

0463-31-6266

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook