平塚版 掲載号:2021年8月12日号 エリアトップへ

金目中柔道部 女子団体、男子個人で県V 全国・関東へも多数進出

スポーツ

掲載号:2021年8月12日号

  • LINE
  • hatena
県大会で入賞した金目中柔道部のメンバー
県大会で入賞した金目中柔道部のメンバー

 小田原アリーナで7月28日・29日に開催された「第64回神奈川県中学校柔道大会」で、金目中学校柔道部(真田州二郎監督)が、女子団体で4連覇、男子個人90キロ級で優勝した。8月22日からの全国大会に5人が出場する。

 女子団体は3年の本多結さん、橋本翔歩さん、2年の柴田さちさん、1年の本多絢さんが出場。県内各ブロックから勝ち進んだ32チームが優勝を争った。

 先鋒の橋本さんが全試合1本勝ちでチームを牽引する。2回戦から妹の絢さんに代わり出場した本多結さんもケガを感じさせない柔道で相手を圧倒。準決勝までの4戦全てストレートで下した。

 茅ヶ崎第一との決勝戦では、橋本さんと結さんは前日の個人戦で敗れた選手と対戦。「借りを返す」の意気込みでそれぞれ1本勝ちの2対1で勝利。コロナで中止となった昨年を除く、大会4連覇を飾った。結さんは全国へ向けて「相手がどのチームでも自分たちの柔道をするだけ。目標は全中優勝」と意気込んだ。

 男子個人では90キロ級に柴田陽さん(3年)が出場。32人のトーナメントを勝ち抜き、全国への切符を手にした。陽さんは「まだまだ自分の力を信じ切れない場面がある」と振り返りつつも、「全国では圧倒的な1本を取って勝つ柔道をしたい」と抱負を語った。

 真田監督は「1年生はもちろん、2年生もコロナの影響で公式戦がほぼ無かった中、貴重な経験になった。全国へ向けては、個人の気持ちを支えるチーム力を高めていきたい」と話した。

 8月の全国大会へは野上ひなこさん(3年)を加えた女子団体と、男子個人で柴田陽さんが出場。関東大会へは、女子個人戦48キロ級で準優勝した野上さん、63キロ級で準優勝した柴田さちさん(2年)。男子個人では55キロ級で3位入賞した宮田陽光さん(3年)、60キロ級で準優勝した真田優誠さん(3年)、81キロ級で準優勝した庄司篤生さん(2年)、90キロ級で優勝した柴田さんが出場する。

海外五輪選手とも交流

 平塚柔道協会(奥山晴治会長)と金目中柔道部は昨年、コロナ禍で練習場所が確保できなかった東京五輪の海外柔道選手らを受け入れ、ともに練習した。8月3日、五輪を終えた同選手らが金目中学校を訪れ、感謝の言葉を贈った。

 練習に参加したのは柔道を通じて国際交流を図る「特定非営利活動法人JUDOs」(井上康生代表)で受け入れた海外からのオリンピック奨学生で、ベネズエラのエルビスマー・ロドリゲスさん(24)、アンリケリス・バリオスさん(27)、コートジボワールのダボン・ゾレイヤ・アブゼッタさん(28)。3人は通常、東海大学で練習を行っていたが、コロナ禍で練習ができない状況に。昨年の9月から11月にかけて、協会と柔道部の練習に混ざり交流した。東京五輪には、同法人で受け入れた10人の奨学生のうち、3人を含む6人が出場権を獲得した。

 当日は柔道男子日本代表を務める井上監督がエルビスマーさんらを伴って金目中を訪問。アンリケリスさんは「継続して練習ができたことが結果につながったと思う」と感謝を伝えた。
 

日本語で感謝を伝えるエルビスマーさん
日本語で感謝を伝えるエルビスマーさん

平塚版のトップニュース最新6

新戦力加入で大幅補強

湘南ベルマーレ

新戦力加入で大幅補強 スポーツ

2022シーズン新体制発表

1月20日号

新イチゴ「かなこまち」登場

新イチゴ「かなこまち」登場 社会

市内では収穫体験も

1月20日号

市内3人が金・銀受賞

全国ピアノコンクール

市内3人が金・銀受賞 文化

大会初出場で快挙も

1月13日号

救急件数が増加

平塚市消防

救急件数が増加 社会

人流の復活影響か

1月13日号

対面と配信で門出祝う

平塚市成人式

対面と配信で門出祝う 社会

2方式での実施は初

1月6日号

平塚ゆかりの“虎”女

平塚ゆかりの“虎”女 文化

干支にちなんで歴史探訪

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook