平塚版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

大地震 ため池にも注意を ハザードマップを制作

社会

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena
ため池ハザードマップを持つ職員。浸水の深さごとに色分けされている
ため池ハザードマップを持つ職員。浸水の深さごとに色分けされている

 平塚市は8月、農業用の吉沢ため池(上吉沢)と万田八重窪ため池(万田)が決壊した場合を想定した「ため池ハザードマップ」を作成した。浸水が想定される地域に配布済み。市担当者は、「ただちに危険というわけではないが、大地震等でため池が破損した場合に、水の流出が考えられる。リスクがあることを知っておいてもらえれば」と話す。

 2018年7月の西日本豪雨発生時には、岡山県で230カ所、香川県で49カ所のため池が決壊や一部損壊などの被害を受けたという。土石流の発生を引き起こすなどの西日本豪雨の被害をきっかけに、農林水産省の呼びかけもあり、全国的にハザードマップの制作が進められている。

 平塚市内の農業用ため池は5つ。下流の田んぼに水を供給するために設置されたものだといい、一部使用されていないものもある。

 今回、マップが制作されたため池は、下流域に民家がある2か所。吉沢ため池が650世帯(上吉沢・下吉沢)、万田八重窪ため池が5350世帯(根坂間・出縄・万田・高村)を対象としている。

 ハザードマップで想定しているのは、大雨などによる増水でため池の貯水量が満杯の状態で、大規模地震等により堤防に亀裂や滑落などの破損が発生、破損した堤防が貯水に耐え切れず「決壊」し、民家に水が流出するケースだ。今後、地区公民館へのマップの配架を予定しているという。

平塚版のローカルニュース最新6

コスモスとひまわりの共演

コスモスとひまわりの共演 教育

美里・柿の実こども園

10月14日号

「希望に満ちたシーズンに」

神奈川フィル

「希望に満ちたシーズンに」 文化

来季プログラムを発表

10月14日号

私たちの抱負

22年成人式実行委員を紹介!

私たちの抱負 社会

〜後編〜

10月14日号

美しさひも解く初個展

美しさひも解く初個展 文化

真田在住 米満さん

10月14日号

生徒が教会で「模擬葬儀」

生徒が教会で「模擬葬儀」 教育

葬祭専門学校の体験授業

10月14日号

「伝統」と「革新」、柔軟に対応

特別インタビュー

「伝統」と「革新」、柔軟に対応 経済

豊島屋 久保田陽彦社長に聞く

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook