平塚版 掲載号:2021年11月25日号 エリアトップへ

市美術館30周年記念連載 歴史の証人【2】 官民の声が繋いだ設立への道

文化

掲載号:2021年11月25日号

  • LINE
  • hatena
当時の美術館建設運動を語る加藤さん
当時の美術館建設運動を語る加藤さん

 設立30周年を迎えた平塚市美術館の歴史を、3回連載で振り返る。第2回は平塚の美術愛好団体・すさ美会の加藤利雄さん(78)に話を聞いた。

 1971年から平塚の美術愛好団体として活動している「すさ美会」。平塚の政治や文化について意見交換する「政経懇話会」の有志が美術館設立に向けて結成した会だ。市民の美術への関心を高めようと美術展も主宰し、館設立への機運を高めた。同会は当時の市長や河野謙三参議院議員らも在籍しており、のちに設立計画の立案に寄与することとなった。

 「設立計画が本格化したきっかけは作品寄贈運動だった」と加藤さんは話す。すさ美会会員で高浜高校の教員だった古川恂さんが平塚美術協会を創り、美術館設立を発案した。当時の市長らから「設立には市民からの大きな声援が必要」との勧めを受け、湘南の美術家たちに市への作品寄贈を呼びかけた。寄贈作品は博物館に保管され、次第に収まらないほどに。77年に寄贈作品展が博物館で開催されたことで、美術館の必要性が強く訴えられるようになった。

「教育」が設立の鍵に

 社会教育に携わっていた加藤さんは、当時の仕事のなかで教育施設として設立された長野県の飯田市美術博物館を知る。会の仲間とともに美術館の役割として社会教育を強調し、市に提案。結果、建設費は教育委員会からも一部出資された。「設立は様々な人たちの思いが繋がって実現した。まちに美術館があることを誇りに思います」

 次回は、館設立運動の中で生まれた「平塚市展」の歴史をたどる。

【お詫びと訂正】11月18日号の同連載で元市長の名前を「誠一郎」と誤表記がありました。正しくは「一太郎」です。訂正してお詫びいたします。

ひらしん平塚文化芸術ホール

和洋折衷を融合させた竜馬四重奏が平塚初上陸!6月8日18時30分開演

https://hiratsuka.hall-info.jp/

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

地域活動を後押し

平塚経済懇話会

地域活動を後押し 経済

まちづくり基金に寄付

5月12日号

沖から平塚を見てみよう

沖から平塚を見てみよう 文化

タマ三郎周遊船 参加募集

5月12日号

新入生へ記念講演

鶴嶺学園

新入生へ記念講演 教育

ゲストによるライブも

5月12日号

加藤登紀子さんコンサート

加藤登紀子さんコンサート 文化

5月22日 秦野市のホールで

5月12日号

街頭献血に協力

平塚遊技場組合

街頭献血に協力 社会

5月12日号

自分自身知る機会に

エールのバトン vol.2

自分自身知る機会に 経済

拡大研修委員会 岡 輝(あきら)さん

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook